タグ:あんこ ( 3 ) タグの人気記事

くずまんじゅう

朝から雨が降り続いています。
気分もどんよりなりがちですが、こういう季節だからこそのお楽しみを見つけて
どんよりを吹き飛ばそう♪

まず、ずいぶん前から梅酢があがってきたまま 放置されていた ウメボシ。。
f0196887_13553490.jpg

今年は小梅を4キロ。
蓋をあければ ホワ~~~ンと、何とも香しい梅のカホリ。。
ぷくぷくして可愛いねー♪と声をかけたくなるほど可愛い。

やはり今年も楽をして、「もみしそ」を購入。
そして 投入。
えいやっ!
f0196887_13583560.jpg

梅本来でも、いろんな色があったので、
あえて紫蘇を入れなくてもよいかな?とも思いましたが
キョーレツに染まりすぎるものでもないので、2袋だけ、入れました。

次は土用干しでおめにかかりましょう、と、蓋をする。

先日、水無月で使った吉野葛、本当は くずまんじゅうを作るために買っておいたもの。
思いがけず、水無月で活躍してくれました。

で、お次は当初の目的であったくずまんじゅうを作ろう♪

いろいろレシピを見るも、どれも 広げた熱い葛の上にあんこをのせて、包んでいく方式。
うんうん、中のあんこが見た目にも涼しげで、コレを作りたい、そして食べたい。

しかし、

「熱いので十分気をつけて・・」とか
「火傷に注意して・・」とか
「熱いので指先を冷水につけながら・・」とか

いちご大福の格闘再び?

そんな脅し文句に腹をくくりかけた時、楽チンレシピ発見♪

それは、透明の葛の中にあんこ玉が涼しく包まれているのではなく
葛とあんこを混ぜ混ぜしたもの。
私にもってこいの ワイルドレシピ。
よって、包むのも、ただ丸めれば良いだけの、超簡単なもの。

見た目の涼しさ、は、求めていたものと違うけれど、
まあ、初めて作るんやし、まずは「簡単」な方法でいっときましょか♪

葛を火にかけ、とろみがでてきたら、あんこ投入、そして全体に混ぜ混ぜ。
小さな器に 軽く濡らしたラップを置き、スプーンで生地を入れる。
絞って 輪ゴムで止める。
だけ。
f0196887_14125017.jpg

熱くても、手の上でモタモタ作業するわけじゃなし、熱いのカモ~ン♪

自然に冷まし、冷蔵庫で冷やす。

そして、食べる。
f0196887_1414314.jpg

最初、作りたかったものと、ちょっと違うけど、
これはこれで、ええやん♪

私のお気に入りの「京〇らさき」っぽいかもしれない♪

くずまんじゅうにするなら、ぜったい「こしあん」だったので
Aプライスでこしあんも買っておいた。
混ぜるなら存在感が残った方がいいかもしれないと思い、あえて粒あんを使用。
でも、これ、こしあんでもいいかもしれない。
こしあんのほうが、より「京〇らさき」っぽくなりそう。

うーーん・・・
今年の夏は、あんこ系和菓子、買わずに済みそうやな。

私が使ってる吉野葛、春に奈良へ行った時の葛やさんのものでした。
本葛ばかりのものは 高価ですが
これは、葛と甘薯でんぷんの、両方が入っているので
お求めやすく さらにうれしい。

ああ、日本の夏やねえ。。
[PR]
by shiga-koubo | 2010-07-03 14:43 | あんこ

水無月

今日はイオンのお客様感謝デー♪
久しぶりにひとっ走り行ってきました。
その帰りの車中、ラジオの人が、「水無月」のお話をされました。

「水無月」とは、もちろん六月のことですが、お話しされていたのは
和菓子の「水無月」。

京都ではこの時期、店頭では水無月がセンターをつとめます。たぶん。
京都だけでなく、このあたりでも、見かけるようになりました。
いろいろ由来があるようですが、三角の白い外郎は、氷を現しているらしいです。
宮中では氷を口に含んだら夏痩せしないと信じられていました。

(昔は ダイエット、しなくてよかったんや。。)

しかし庶民にとって氷は貴重なもの、そこで宮中の貴族にならって
氷をかたどったお菓子がつくられるようになったそうです。
それが水無月です。
上の小豆は 悪魔払いの意味を表しているそうです。

ほうほう聴きながら、食べたくなった。

毎年、この時期になると、作ってみようと思いながら、思うだけ。
今年こそ、作ろう!
それも、一年の折り返し地点である、今日が一番 作るにふさわしい。

さて、材料はあったかな?
小豆鹿の子は、必須。
だが、もう食べつくした。

セールで買って後悔している「大正金時甘納豆」が、ある。

でもねー、ここは王道の小豆がいいなー。

そうだ!
いざという時のために!
小豆缶が1つあったはず!

やー、ほんと、「いざ!」という時のために、小豆缶は常備しておくもんだねー。

いろんなレシピがあったけど、

吉野葛・白玉粉・小麦粉を使うレシピを採用した。

混ぜて、蒸して、小豆のせて再度蒸す。
めっちゃ簡単♪

できたのがこれだ!
f0196887_23333946.jpg

上の隅っこの三角、ねずみがかじった。(試食した(笑))

これを冷やす。
f0196887_2335749.jpg

いやー、これが水無月ですか。
吉野葛が入ってるせいか、モチモチの中にもプルプル感が。
f0196887_2342173.jpg

水無月と言うモノを 食べた記憶が曖昧なので
ホンマモンの水無月と比べてどうこう、は、わからないけど。

きっと、これが水無月なんや。


19×13のバット 分量

吉野葛 大さじ2
白玉粉 大さじ2
薄力粉 大さじ4
グラニュー糖 70g
水 150cc
甘納豆 100g

1、吉野葛・白玉粉・薄力粉・グラニュー糖・水130cc を泡立て器でしっかり混ぜ、
  こし器でこす。私はこさなかった。
2、バットに 3/4を流し入れ、強火で7~8分 蒸す。
3、上に甘納豆を平らに並べる。
4、残りの1/4に 水20cc を混ぜ、上から流し込む。
5、さらに 7~8分 強火で蒸す。
6、冷やして 三角に切る。


ね?
簡単。
[PR]
by shiga-koubo | 2010-06-30 23:53 | あんこ

五穀あんこ食パン

最近、中身を変えつつ楽しんでいる五穀あんこ食パン。
つぶあん、抹茶あんに続き、第3弾。
f0196887_1339338.jpg

五穀黒ごまあんこ食パン♪

甘さ控え目な黒ごま餡です。

少々硬めなので、冷蔵庫から出したら、常温に戻しつつ塗って成形します。

次男くんは、これにバターではなく、蜂蜜を塗って食べることを提案してきました。
そう言えば、ずっと前に「黒ごま蜂蜜」ってのを トーストに塗っていたことがありました。
この黒ごま餡には蜂蜜が入っていないので、
蜂蜜を加えたら あれと良く似たものになるやんってことやね。。

良く覚えてるねー。食べることにかけては。
情熱を感じる。

これも五穀と相性が良くって、香ばしくて非常に美味しいです♪
[PR]
by shiga-koubo | 2010-05-20 13:48 | パン


 気の向くときに気の向くものを  ゆるりゆるりと作ってます


by shiga-koubo

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新のトラックバック

クリスマスに「白い」ドレ..
from 日常に「彩り」を。

ライフログ

検索

タグ

ブログジャンル