<   2010年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧

あをによし

ぬん!


f0196887_13462220.jpg


思い立ったらいつでも行けるさ!の、お手軽さが 実はなかなか行けなかったりする。
春休み、3人(兄弟母)の予定がなーーんにもない日はこの日しかない!
という貴重な日に
奈良へ行ってきました。

若かりし日は毎日通った奈良。
懐かしいような、変貌ぶりにとまどうような。

でも、やっぱり懐かしい。
駅前の行基さんは そのままだし、商店街の名前もそのままだし。

今は(かなり前から?)奈良町がキテルらしい。
閑散とした感じが好きだったのに、今はとってもにぎわっているんだって。

駅の観光案内で、散策マップをもらった。

「月曜日は、奈良町のお店、ほとんどお休みですよ。。」

チャーーンス!!
ってことは、閑散とした奈良町を味わえるってことね!!

まずは、大仏殿方面から責めて、奈良町で締めようという アバウトな計画をたてる。

が、出発が遅かったせいか、すでに11時過ぎ。

おなか、すいた。

県庁の職員食堂が一般人も利用できると聞いていたので、
格安に済ませるために、行ってみることに。

で、県庁の入り口でお出迎えしてくれたのが、さきほどの せんとくん。

受付のオネエサンに 食堂の利用時間を聞いてみた。

「11時30分からのご利用になります。
 オススメは、『大和鶏の親子丼』でございます。
 こちらは、1日限定20食となっておりまして、
 たぶん、もうすでに、整理券をもらうために並ばれているかもしれません。
 なので、こちらをご希望でしたら、もう行かれました方が良いと思います。」


オススメまで教えてくれたオネエサン。
大和鶏の親子丼、うん、美味しそう。
しかも限定と聞いちゃ、ソレいくしかないやん♪
もうすぐ11時30分やし、6階の職員食堂へ。

すでに数人お並びでした。
親子丼狙いの人と、そうでない人で10人くらい。

親子丼の列に座り、ほどなく整理券を配り始め、
5,6,7番をゲット。
次々と親子丼を求めて一般の方がやってこられ、
20食分の整理券はあっというまに終了。

「一食ずつ手作りですから。」

食堂のおばちゃんが、時間がかかりますアピールしたとおり、さらに20分ほど待って
f0196887_158439.jpg

親子丼700円と、フルーツ90円。

卵がフワ~トロ~で、山椒もついてたし、大和鶏もまあまあ入ってたし
美味しかった。
欲を言えば、もう少し熱くあってほしかったかな。
限定20食をゲットできたという達成感の方が大きかった。

6階なので、景色もキレイにみえたし、良いところでランチできました。
職員以外の一般人の方が、かなり多かったです。
他にも500円のお弁当とかも お手軽価格で美味しそうだったー。

受付のオネエサンが、何とかポークのカツサンドも 限定って言ってはりました。
それも食べたかったけど、親子丼でお腹いっぱいになるやろし、カツサンドは諦めました。

食堂のある6階から階段を上ると、屋上が展望台になっています。
ウッドデッキにベンチをおいて 広ーい空間です。
f0196887_15181332.jpg


や、

f0196887_15184545.jpg


ずーーーっと見渡せて、若草山も見えて、
こんな高い場所からタダで奈良の景色を見られるっていうのは、
ここくらいじゃないでしょか?

が、この日は、なんじゃこの天気!!
と叫びたく・・いえ、実際に叫んだほど、冬に逆戻りの寒さ。

ふっ飛ばされそうな強風、屋上だから特に?
おまけに、雨でもない、冷たいモノが降ってくる・・雪?あられ?

屋上から、早々に退散。
お天気がよけりゃ、何ぼでもベンチにすわって 
まったりしたい絶好のロケーションだったのに。
次は、お天気の良い時に お茶とおまんじゅう系持ち込んで来よう。
あ、持ち込み、ええんやろか。
屋上なら、ええよね。。

東大寺へ向かう。
途中、鹿がすごい。

子どもたちがそれぞれ1歳くらいのとき、
二月堂へ、「だったん帽」をかぶせてもらいに来た。
その時、鹿せんべいを長男くんと一緒に鹿にあげようとしたら、
飢えた鹿に取り囲まれ、
えらい目に会った。
その時私は鹿に、お尻を噛まれた。

それ以来、鹿を甘く見ちゃいかんと子どもたちには言い聞かせてきた。

にもかかわらず、次男くんは 鹿せんべいを鹿にあげたい!と、言いだす。
なんて危険な!!

周りをみてごらん!!

せんべいを持っている人に 鹿は群がり、
今にも飛びつかんとしている。
上着を噛んで引っ張っている鹿や
鼻先を手に押しつけてそうな鹿や

遠慮ってものが全然ない。

せんべいを持っていなくても 安心できない。

「もしかして、持ってるんちゃうか?」
と、鹿は 疑いの目で、寄ってくる。

襲われないためには、「せんべいなど、持っていません」と、鹿に理解させねばなりません。
そのためには、両手をパーに広げて かざす。

それはまるで
「拳銃など持っていない。」
と言って、犯人に近づく刑事のように。

何にも持ってないよーと、両手パーのまま、鹿をかわす。

でも、どうしてもって言うから、ひとつ鹿せんべいを買った。
私が懐にせんべいを隠し持ち、1枚ずつ兄弟に渡す。
いわば、「鹿かく乱作戦」

いったいどこにせんべいはあるのだ??

鹿は、とまどっていたに違いない。

うまいこと懐に隠して 両手はパー。

せんべいを持っているのに、あげなかったら、またお尻を噛まれるからね。
持っていないフリをして、実は持っています作戦。

そうして、のんびり座っている鹿に突然、せんべいを差し出す。
欲のなさそうな鹿を見つけちゃあ、せんべいをあげる。

あー、面白かった♪

f0196887_16141684.jpg


そうこうしているうちに
f0196887_15485172.jpg

東大寺南大門金剛力士像

うひゃーー、迫力!!
いつまでも眺めていたい。。

つづく。
[PR]
by shiga-koubo | 2010-03-30 15:59 | 日常

酵母 再び

しばらく封印していた自家製酵母をぼちぼち始めようかと思い、
お手軽なコレで挑戦。
f0196887_1416079.jpg

この怪しい液体はな~んだ♪

ぱっと見、色やら、沈殿具合やら、味噌汁っぽいと思いませんか?

そう!味噌酵母です♪

去年仕込んだ自家製味噌に、水&蜂蜜を投入、まぜまぜ。

うへ~~、味噌水に蜂蜜入れるって、勇気あるーー!!

で、数日たつと、シュワシュワしてくるんです。
お馴染みのお味噌汁が発酵するって。。

既成概念を捨てないと こういったことには挑戦できませんね。。

で、粉とまぜまぜして出来上がった酵母で焼いたんですけど、
おもたーーいパウンドケーキみたいに目の詰まったパンになってしまいました。
f0196887_14222254.jpg

香りは、チーズのような。
それでいて、麹のような。
どっちかというと、良い香りチームに入ります。

食感は、ネッチョリ。
あまり好みではないかな。

酸っぱくないのでヨシとしたいのですが
食パンでこのネッチョリ感はいただけません。

熱が冷めないうちに作った・・・
f0196887_1425163.jpg

文旦マーマレード。

3回茹でこぼし、絞って絞って苦みを抜いたら
もうちょっと苦みがホシイ・・と、思う出来でした。

手間がかかる!!
明治屋の文旦マーマレードの方が美味しいかなあ。
でも、あれは高額マーマレードなので、
多分、今年は手づくりマーマレードで しのぐかな。。

で、文句ぶーぶーの味噌酵母パンに 文旦マーマレードをのせたら、
まあまあ食べられます。
何となく、丸くおさまった感です。


何年もまえから
「イチゴ大福は、めっちゃ簡単に作れる」
と、ウワサでは聞いておりまして
プロフーズの「春れしぴ」に載っていたこともあり、作ってみました。

白玉粉を使うんですね♪
前にセールで白玉粉1キロ袋を買ってしまい
どんだけ白玉ぜんざい作る気やねん!!なほどの大袋で、一向に減らず
ちょっと後悔していたので ちょうどいい。

レンジで もち部分を作っていくのですが
ころあいがなかなかわからず、なんとなく雰囲気で。
で、出来上がり~♪
f0196887_14383464.jpg

あんこパン用の粒あん使用。
あんことイチゴの透け具合が、ちょっとうれしい。
大きさも形もバラバラだけど、やわらか~いイチゴ大福♪
f0196887_14401878.jpg

食べてみた。

ワンダホー053.gif

アンビリーバボー060.gif

こんなにお手軽なのに、何故、今まで作らなかったのか、凹むほど、美味すぎる。

初めてイチゴ大福の存在を知った時、まだ私はイチゴ寄りで、
あんこ人ではなかったので、
その組み合わせが許せず、誰が食べてやるものか!とボイコットも辞さなかった。

いやーー、青かったわ。
若すぎたわ。
この黄金組み合わせを実践した最初の人の 勇気に感謝。

たぶん、イチゴ大福は 買わないね。
大袋の白玉粉がある限り、どしどし作っちゃうわ♪
[PR]
by shiga-koubo | 2010-03-26 14:49 | パン

五穀あんこ食パン

ここんとこ、こればっかりのShiga家です。
一部の熱いリクエストにより、秘伝・あんこの巻き方をご紹介したいと思います。

450gの粉で、パウンド型2つ分のあんこパンを作っています。
ホシノ丹沢酵母で。

一次発酵後、4つに分割します。
ベンチ後、丸く伸ばし、3分の2に あんこを塗ります。
f0196887_11191262.jpg

あんこを量ってみたら 35gでした。

次に、あんこの無い方の左3分の1を 折ります。
f0196887_11203920.jpg


で、右3分の1も 折ります。
f0196887_11215566.jpg


少し伸ばし、あんこを塗ります。20gでした。
f0196887_1123843.jpg

この時点で、あんこは3層になっています。

手前から、くるくる巻いて とじます。
3層のあんこが、くるくるなっているはずです。

これを、4個作ります。

2個ずつ 型に入れます。
f0196887_1125454.jpg

この時、乾電池でいうところの 直列で 並べます。

で、焼き上がったものをスライスすると・・
f0196887_1126574.jpg

こんな感じ。

あまりあんこがボリューミーではありませんが
これが私の好みの量です。

ちなみに、生地を並列に置いた時の断面は
f0196887_17371676.jpg

こんな風になります。
巻き方は 同じなんですけどねー。
1枚ずつ模様の変化があり、これはこれで面白いです。

毎朝、時にはおやつに あんこパンを食べますが
飽きないんですねー♪
今じゃ、長男くんまでもが あんこ人。
[PR]
by shiga-koubo | 2010-03-25 11:37 | パン

推薦されたよ。 ~女性作家編~

モリミを教えてくれた友人に感謝の意を表したら
調子に乗った友人は、次なる作家を推薦してきた。

「この人も、笑えるから。Shigaちゃんなら、絶対気に入ってくれるはず。」

・・・私に推薦するのは、なんでお笑い系なの?
もっと、カンドーものとか、教えたら?

彼女は、フランス文学にのめり込んでいるはずなのに、
そっち系の情報は 一切こちらには来ない。

まあ、私には向いていないってことなのだろう。

私を見込んでモリミを教えてくれたのだから、
彼女の眼力は、確かなものだと納得しよう。

今回、推薦してくれたのは、「岸本佐知子」なるお方が執筆されたエッセイ。

うん、エッセイはお手軽に読めるし、さー、読むわよー!って気合いが要らないので
私にはもってこい。
私をよくわかっていらっしゃる。

図書館で検索してみると、こちらも貸し出し中。

あらら。みんな、お笑い系エッセイが好きなのね♪

「気になる部分」というタイトルのエッセイを教えてもらったのだが、
他にもこの方の本があるのでは?と思い、あるべき棚に向かった。

「岸本・・」という作家の本、発見!
タイトルで 心をワシヅカミにされた。
f0196887_14431640.jpg

女の底力!!
捨てたもんじゃない!!

ええやんええやん!!岸本さん!!

でも、岸本さん違いで、こちらは「岸本葉子」。
これもご縁。
10ページほど読んでみて、面白かったら借りて帰ろう。

棚の近くのイスに座って読んでみた。

中ほどの、美容院ネタを読んでみた。

こんな美容院、ホンマにあるん?
いややわ~~~!
緩やかに笑いながら、読めた。

最初から読んでみよか。

「気になる座席」  電車の、7人がけの座席のお話し。

これが、ホントに笑えてしまう。
最初は、緩やかに笑えてたのが、納まるどころか、次々と上乗せして笑わせてくる。
いや、笑わせようとしたのかは わからないが、私の笑いのスイッチが入ってしまい、
サーモスタットが効かないのか、笑いエネルギーが制御されない!!

いかん!!
笑いすぎや!
明らかに、ヘンやから、笑いを止めなければ!!

活字から、目をそらした。
これ以上、読み続けることは 危険だ。

心を平静にしなければ・・・。

思えば思うほど、笑いがこみあげてくる。

あかん!
ココは図書館!
笑いすぎや!
静まれ!私!

下を向いてこらえても、肩が 大きく震えている。

涙まで出てきた。

そうや!!
カンドーものを読んで、泣いてるフリしたろ!!

発想を逆転にもっていった私はすごい!

しかし、カンドーして、ホロリ涙するのはアリでも、
肩を大きく震わせて、声を押し殺して
泣くっちゅうのも、ありえへんやろ。
だいいち、本当にカンドーで涙してはる人に、失礼極まりない。

あーーー、あかん!!
これなら、まだ正直に 「笑ってます」ってさらけ出す方が 好感度あるんちゃうか?

こういう、公共の場で 一人笑いが止まらないのは
こんなにもつらいものなのか・・。

そうだ!!
一人じゃないやん!!
次男くんが どこかにいる!!

図書館では別行動だったけど、次男くんと一緒に来たのだった。

約、7メートル先に次男くんを発見!

スタタタと次男くんに近づき、
「あーーー、いてくれて良かったよーー!!」
と、次男くんの腕をムンズと掴み、コラエテいた笑いを 爆発させた。

「お母さん、どうしたん?笑ってるの?泣いてるの?」

次男くん、びっくりマナコ。

「どっちもや。」

答えるのが精いっぱいで、次男くんの腕を掴み続けた。


きっと、家で読んだら、ここまでならなかったと思う。
こういう系は、ホント、公共の場で読むのは危険と思い知りました。

で、結局、推薦本は まだ借りれてない。
「女の底力」を返却しに行ったとき、あれば借りよう。
そして、絶対外では読まないようにしよう。
[PR]
by shiga-koubo | 2010-03-23 15:16 | 日常

推薦されたよ。~男性作家編~

今までの人生で、3度、

「これ、絶対Shigaちゃんには 是非読んでいただきたい。」

と、本を推薦されたことがある。

「この本、いいよ~。」

ではなく、

「他の誰でもなく、Shigaちゃんだからこそ」

という理由で。

「この本の面白さをわかってくれるのは Shigaちゃんだけやわ!」

とまで言い切って、決めつけてきた。
彼女曰く、「わざわざ買ってまで・・って感じだから、図書館で是非借りるように。」
とのことだったので、早速図書館に出向いた。

検索をかけると、数冊ある全てが貸し出し中。

へ~~。人気モノ?

仕方ないので、予約をして連絡を待つことにした。

ところが!!

連絡待ち期間に、あのいまわしい負傷をしてしまい、しばらく入院することに。
なので予約はキャンセルした。

ただでさえ退屈な入院生活なので、「わざわざ買ってまで・・」との忠告だったが
オットに買って来てもらった。

のが、これ。
f0196887_6154649.jpg
 
私を名指し指名で推薦してくれた友人のためにも
心して読まなければなりますまい。。

文体が独特で、好きな人とそうでない人にわかれそうな感じですが
私は好きですねー。
鬼才・モリミのファンになってしまいましたわー。
舞台が京都ということもあり、風景を思い浮かべながら読みました。

読み終えたら、オットにモリミの他の作品も買って来てもらい、入院生活の友にしました。

これには後日談があり、野生時代のバックナンバーに
モリミの対談記事があることを知り、
それも書店で取り寄せてもらい 病院で読んだ。

対談記事ということは、写真も載っているわけで
モリミってどんな人なんだろうとワクワク♪

が・・・・

違う・・。

イメージと・・。

なんか、もちろん私の勝手なイメージだが、こんな感じ、こんな風、と
イメージを抱いていた。

違う!!

ナニがどう違うか、具体的には表現できないが、
違う。。

そのことを、推薦してくれた友人に話した。

「そうやね。作家はだいたいイメージと現実とは違うから、
 作家の顔は見ん方がいいよね。」

ああ、キミにも同じような経験がありそうやな。。

モリミの名誉のために付け加えますが、
見た目はいいんですよ。

ただ、私の勝手なイメージと違っただけで。



次に、別の友人から
「Shigaちゃん、これ、読んでみて。絶対こういうの、好きなはず。」
と、半ば強制的に差し出されたのが これ。
f0196887_6393962.jpg

こちらはエッセイ。
この作者もかなりのインテリ。

で、「自分大好き」「自分の才能に惚れてます」的で
でも、オチがあって、「アカンや~ん」って笑わせてくれます。

こういうインテリで自信タップリで、でもどこか抜けているってのに
弱いわー。

ここまで自信タップリだと、こっちもスカッとするわー。
言うとき言うときー。
自分で言わな、だれも言うてくれへんでー。

こちらは、かなりのオジサンのようなので、
どんな人か見てみたいとは思いませんでしたが。。

で、たとえば、見たとしても、
たぶん、いえ、絶対
「イメージと違う~~!」
と、苦しむことは 無いと思う。

女性作家編につづく。
[PR]
by shiga-koubo | 2010-03-21 06:53 | 日常

春限定

花粉におびえながらも、春は心はずむ季節であります。
この時期限定のものがわんさわんさと♪

まず、これ。
いかなご。

去年 は、手に入りにくい&超高値でしたが、今年はいかに。

子どもたちは下校途中に、通り道のご家庭から漂ってくるいかなごのくぎ煮の匂いに
うちも早く炊いて炊いて攻撃。
昨日の夕方17時頃、スーパーで価格調査。
1キロ 1580円。
う~~~ん。。ビミョー。。
あと300円安かったらなー。

山盛り売れ残ってるしなあ。。
もう少ししたら、値下げしはるかもしれんから、あと2時間後にもう一度偵察に来ようか。

で、19時前、再びスーパーへ。

おお~~~!
下がってるし♪
しかも半額になってるやん♪

2キロ買う予定が、ついつい半額がうれしくて、3キロも買ってしまいました。
おまけにその日は、さらに10%引きの日だったので、調子にのってしまったのもある。。

で、帰ってから 2回に分けて炊いたくぎ煮。
f0196887_1441189.jpg

これでまた、コメの減りが加速するよ。。




そして、次の春限定はこれだ!
f0196887_1419119.jpg

おお。。愛しの文旦。。
私の中では、キング オブ 柑橘類♪
妊婦時代の友。。。

これを、1日1玉に抑えるのが辛くて辛くて。。
ばくばく食べていました。
今は半分も食べられないけど、その当時は文旦だけで生きていけそうな勢いでした。。
ほんまに、文旦は大好きです♪
箱買いして、箱に『高知』って書いているものだから、
次男くんは、高知から連想して、
アオオニ柚子こしょうが箱いっぱいに入っていると思ったらしい。。
んなワケないやろ!!

先日、オトナ雛祭りでお邪魔した友人宅には、
文旦の箱が2つも積まれていた。。
彼女も、かなりの文旦マニアのようだ。
今度、文旦について、熱く語り合ってみよう。
絶対、白熱しそう。。

で、予定外で、スタバで見つけてしまった春限定。
f0196887_14224362.jpg

フレンチプレスのコーヒーメーカーは 
500mlサイズを、カタログギフトでゲット済みなのですが
f0196887_14523693.jpg

私ひとり分を淹れるには、大きすぎて 困っておりました。

ライブの帰りに寄ったスタバで、
春限定・さくら色フレンチプレスを見つけてしまって さあ大変。

クリスマス限定・赤いフレンチプレスをガマンした衝動?
小さいサイズが欲しかったところのこれとの出会ひ。
360mlサイズ。
きっと、私が見つけてくれるのを 待っていたとしか考えられません。

この、なんとも、かわいらしいさくら色。。
うれしくて、毎日 淹れてます♪
って、まだ3日目やけど。
スタバのオニイサン、20gの荒挽きコーヒー豆を、おまけでくださいました。

ペーパーで淹れるのよりは、コク?があるけど、
決して「うげ~~!濃~~!」ってことはなく、
美味しいです。
f0196887_1459404.jpg

あんこ食パンと。
最強の組み合わせ♪

底に黒いモノが溜まりますが、そこに行きつく手前でストップしています。
体調によれば、あっさりペーパーの方がいいときもあります。
なので、使い分けて淹れようと。

もーねー、さくら色が、かわいいんですわ。。うっとり。。

そして、いつかのアレが、こんなになりました。
f0196887_14575872.jpg

すっかり、搭がたって。
周りには、小さな蕗の葉っぱが。
食べられるくらいに 成長するかなー。
[PR]
by shiga-koubo | 2010-03-16 15:00 | 日常

劇場、再び

久しぶりの梅田。
かつての『劇場・飛天』は『梅田コマ劇場』と名前がかわり、
現在は
f0196887_9384168.jpg

『梅田芸術劇場』というらしい。。

今は昔、飛天の頃、サブちゃんとか、・・サブちゃんとか、観に来たことがある。

いや、おっかけてたわけではなく、某デパート友の会のご招待で。
その特典も無くなるというのがきっかけで 友の会はやめてしまった。

そんな改名を経た劇場のメインホールへやってきたのは、
これ!!
f0196887_9452811.jpg

ライブなんて、何年振り?!
前回はいつだったか記憶をたどると、
まだ子どもたちが生まれる前、
森山良子大先生のコンサートへ行ったのが最後だったはず。

たまたまテレビをつけたら、
森山良子大先生のコンサートチケットプレゼントの応募方法をやっていて
何故か大あわてで メモして、条件反射のようにハガキを出したら、
当選した。
何でも 応募してみるもんやねー。

今回は、オットが行きたがったもので、お付き合いです。
そりゃあ、今井美樹ちゃんのライブは行きたいけど、
私のチケット代で1カ月半は食べられる量の コメ買ってくれたほうが嬉しいとか
悪態つきつつ。

あの、サブちゃんが 祭りで大盛り上がりする劇場、座席は3階までありますが
めちゃくちゃええ席でした。
どのくらいええ席かというと、
美樹ちゃんのエクボがくっきりみえたり
美樹ちゃんのピンキーリングや、ピアスの形まで認識できるほど、ええ席でした。

常にオットは車で美樹ちゃんばかり聴くので
私の中にもすっかりインプットされています。

サブちゃんさながら、途中休憩タイムをとる2部構成、かなり長時間のライブでした。
曲もたくさん。
ヘビーリスナー・オットのおかげで お馴染みの曲ばかりで
とっても楽しかった♪

美樹ちゃん、細い!!!
しかし、ギスギスではなく、鍛えてはる?
腕もいい感じの筋肉がありそうで、やはりキレイでしたわ。。
もしかしたら、負けたかもしれん。。
(どんだけ強気やねん!)

観てたら、かなり熱心なオネイサンたちがいらして、
そのオネイサン同士、席が離れているにも関わらず、ナニか合図しあったり。。
急に立ちあがったりするんよねー。
「この曲は、こう!」
って、暗黙の取り決めがあるみたい。
でも、キヨシ(氷川ね)みたいに、お揃いの法被や キンキラうちわが無い分
おとなしめかな。

バイオリン、ビオラ、チェロで6人。
キーボード2人。
ドラム、ギター。

そして、さらにうれしかったのが、曲をたくさん提供してはる
川江美奈子ちゃんが!!
コーラスで参加!!

夢のような時間を過ごさせていただきました♪

ライブが終わって外に出ると 8時半過ぎてるのに人の多いこと!
これからどこへ繰り出そうか?!な感じで。
みんな、もう帰って早よ寝たらええのに。。
この夜の雰囲気も、何年振りやろな~。。

茶屋町のMBS毎日放送前は キラキラでした。
f0196887_11221265.jpg

年中、こんなキンキラなんやろか。

で、美味しいぶっかけうどんが食べたくて、オットイチオシのお店に向かうも
準備中の札にかわってた。。

で、入ったことはないけど、昼間は行列ができるうどん屋さんへ。
中津界隈もかわったねー。
麺屋さんがいっぱい。

そのお店でいただいたのが
f0196887_11261716.jpg

えび天おろしぶっかけ♪

揚げたてサクサクのえび天が2本がクロス!!


へへ~~♪
温かいのにしてもらって
美味しかったわ~~♪
[PR]
by shiga-koubo | 2010-03-14 11:28 | 日常

あんこパン

わたしを決して裏切りはしないホシノ。

そんなホシノの恩も忘れて、わたしの方が発酵していることを忘れてしまい
オブジェのようなパンにしてしまうこともしばしば。

先日も、二次発酵をしていることをすっかり忘れてしまい
気付いた時には 型から盛り上がるだけ盛り上がった姿に。

でも、そんなにまでなっても、ホシノはわたしを 決して裏切ったりはしません。

凹むことなく、グレルこともなく、しっかりパンになってくれます。
f0196887_23195989.jpg

なんてケナゲな。

いっつも頼りにしてます。
今後ともヨロシク。
[PR]
by shiga-koubo | 2010-03-12 23:35 | パン

ヨギー二

この増え続ける体重をなんとかせねばと 焦り続けること数年。
張り切り過ぎて、とんでもない負傷をしてしまったこともあった。

手術~ギプス~松葉杖

普通歩行できることが、こんなにも素晴らしいことなのか、思い知りました。

もう、無理はすまい。
もう、無茶はすまい。

で、密かに計画し、密かすぎて実行できていないミッションがある。

ヨガ

これなら、激しくないし、筋をブチ切るキケンも無いはず。たぶん。
自分のペースで加減しながらできそうだし、私にはもってこいでしょう。

最寄りの教室、参加費用、費用の引き落とし方法、事細かに調べ上げ、

あとは、行ってみるだけ。

・・・の、状態のまま、季節は何度巡ったことか。。


先日、友人と会った時、

「1レッスン1時間ほどで、1000円まで、1カ月4レッスン 4000円程度のヨガ教室があれば教えて。」

ふっ。。

もっと格安で ええのんがありますぜ、おくさん。。


友人に背中を押された形になり、密かにあたためていたミッションが始動。

まずは、見学に行ってみた。
おばちゃんたちが、次々とやってきます。
で、皆、マイ・ヨガマットをかかえてくる。。

うひゃ~、カッコイイ!!

私より、年季の入ったおばちゃんたちが ヨギー二だよ!!

中には、おばあちゃんもいらっしゃる。
おじいちゃんもやってきた。

見学だけのつもりだったのに、
成り行きで 体験になってしまった。

「先生、わたし、マット2枚あるし。見学のひと、体験しゃはったら?」

いるのよねー、こういう用意がいいおばちゃん。
ありがたく、貸していただく。
見学だけと言っておきながら、
何気に「体験できます」風のイデタチの自分に気付いたりする。。


こんなところに筋があったのか、ってところの筋が、嬉しい悲鳴をあげている。

「わたしら、こんなに伸ばしてもらったことないしーー!」

あちこちから、聞こえる。。。

で、お腹周りを、これでもかってほど、ひねる。しぼる。

「雑巾じゃあるまいし~~!」

おお、聞こえる聞こえる。。
お腹周りが、そう言いながら 喜んでる。

終わってしばらくたっても、お腹周りがジクジクする。

「なーなー、わたしら、燃焼した方がええんとちゃう?」
「そやなー、ちょっと、燃えて無くなるのも、ええかもなあ。」

そんな会話が聞こえてくるような。

ほんとに、「こんな筋、伸ばしたことありませんねんけど。。体験」をしました。
肩コリもスッキリした感じ。
自分で伸ばして こんなにスッキリできるものかと プチ感動。

ああ、もっと早く来ればよかった。。
でも、友だちが 言ってくれなかったら、きっと、いつまでも行かなかっただろうし
背中を押してくれた形になった 友だちの感謝。。

友だちも、やる気マンマン。
ホントは一緒に通えればいいんだけど、
教室がいくつかあって、彼女はもっと家の近くにもあるし、
お互い続けるためには近い方が便利だしね。

私はたぶん、4月から始動。

もう、ヨガマットも注文しちゃったもんねー♪
[PR]
by shiga-koubo | 2010-03-11 06:15 | 日常

トイレの神様

毎朝、車のエンジンをかけると、自動的にFM802がかかる。
ラジオをONのままにしているので。。
で、1月だったか、初めて耳にした曲が

「トイレの神様」

関西弁でやさしく語りかけるように歌うこの曲、
不覚にも涙が出てきました。

そしたら、毎日、毎日、絶対、この曲がかかって、
そのたびに、じわ~~ん。。って、きてしまいます。

これって、全国区やろか。。
こんなに毎日、かかるってことは、相当な大ヒット曲やろか。。
私も流行に疎くなったもんや。。

でも、関西弁やから、関西限定で流行ってるだけ?
FMでこんなに流れてるのに、テレビでは見たことないしな。。

今の音楽事情、みんな何処で仕入れはるんでしょ?
現に私も、FMを聴いていなければ、この曲を知ることもなかったわけで。

多い日には 同じFM局でも3回ほど流れていました。
でもね、困ったことにこの曲、何回聞いても
ぜったい、涙が出てしまいますねん。

だから、もう1カ月以上、この曲に 車の中で泣かされ続けています。

なんでやろ。。

歳ってことやろか。。
[PR]
by shiga-koubo | 2010-03-09 16:12 | 日常


 気の向くときに気の向くものを  ゆるりゆるりと作ってます


by shiga-koubo

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新のトラックバック

クリスマスに「白い」ドレ..
from 日常に「彩り」を。

ライフログ

検索

タグ

ブログジャンル