<   2010年 02月 ( 14 )   > この月の画像一覧

杉樽を求めて。。。

今年の味噌は、例年より多く仕込み、
f0196887_1633896.jpg

容器が4個にもなってしまいました。

寄せ集めた容器に仕込んだため、これに取られた容器が使えなく、困る結果に。

なので、全部を一まとめにしようと思い、
いろいろ調べたら、神戸に杉樽をつくっておられるところがあるらしい。

価格も、お話にならない程、高いということは無い。

杉樽で味噌を仕込めたら、どんなに素敵でしょう♪♪

行ってみることにした。

ナビ様を頼りに、いざ神戸へ 単独ドライブ GOGO!!

私にすれば、立派な遠出。(20キロちょっと。)
キンチョーします。。
途中、この時期の風物詩、「道路掘り返し工事」による渋滞にあいながら。

樽屋さんは、灘区の酒蔵の町にあります。

私は、日本酒はほとんどのまないのですが、酒蔵は大好きで。。
このあたりには、酒造メーカーさんの資料館がいくつかあり、
このブログの、ロゴ画像、酒林とも呼ばれる杉玉は、
「今年の新酒ができたよー。」の合図らしいですが、
この杉玉も、お気に入りの酒蔵のものです。。

昔の酒蔵の、匂い、ひんやり感、ホントに癒されます。

そんな酒蔵の町の、樽屋さん。
f0196887_16495230.jpg

きゃ~~!!ステキすぎる!!
樽がディスプレイされてますよ!(多分、ディスプレイのつもりじゃないと思われるけど)

この、引き戸を開けると、
そこは「THE 職人」の世界。
かっこよすぎ~~!!
作業場なのですが、杉板の四角いのや丸いのや、竹の長いのやらがいっぱい!!
ほんっっとに、こういうの、ステキですわ。。ステキすぎますわ。。

親方さんらしき方が 応対して下さいました。
かくかくしかじか説明すると、
ちょうどアク抜きが出来た一斗樽(18リットル)が あるらしい。

杉樽はまず、水をはってアク抜きをして、
同時に水で杉を膨張させて、漏れないようにするらしい。

無知な私は、へーー!!ほーー!!の連続。

漬けもの樽をいただきました。
味噌樽もあるのですが、こちらはかなり予算オーバーなので。。

手入れの方法なども詳しく教えていただきました。

もー、ホントに杉樽で味噌を仕込むなんて
うれしくてしょうがない。

通気性があり、使い込むほど、木に酵母がすみつき、
年々よい状態になるそうで。。

でも、それは、しっかり手入れができての話し。
木は生きているから、ちゃんと手入れをしてあげないと
使い物にならなくしてしまった・・なんてことも、あり得る。

がんばります!
ウチに来て、よかったって、思ってもらわなくっちゃね♪


で、ナビ様を見ると、王子動物園がすぐそこにある。

お天気も良いし、ちょっとパンダちゃんにでも会いに行っちゃう?

真剣に思ったけれど、その日は月曜日。
たぶん、月曜日は、市立のこういった施設は、休園・休館のことが多い。

それに、お腹も減ってきたし、一人でランチも面白くないので
帰ることにした。

行きの工事渋滞で えらい目にあったので、
帰りは、工事区間を避けて 武庫川沿いを走る。

さすが おナビ様。
助かるわ~。
今さら、おナビ様も他人行儀だね。
おナビちゃん♪のほうが しっくりくるわ♪

運転中も、杉のカホリが・・・。
カホリって、気持ちをホントに左右しますね。
癒し効果抜群。
ずっと車に積んでおきたい気分です。

そんな杉樽が、コレ!
f0196887_1715244.jpg

親方さんが、非力でカヨワイ私に代わって、積んで下さいました。

頑張って仕込むぞー!
って、詰め替えるだけなんですけどね。
あー、楽しみ楽しみ♪
f0196887_17162475.jpg

[PR]
by shiga-koubo | 2010-02-27 17:17 | グッズ

オトナ雛祭り

かねてより、3人で食事しようと言っていたメンバーが やっとそろいました。

Sは、Fと私、それぞれの友人。
Fと私は、全く接点がありませんでした。

Fが去年、こちらに引越してきて、子ども同士同じクラスになり、その時が初めまして。

そしたら、Sという共通の友人がいることが発覚し、
ならば、3人そろってランチでも、と、計画すること6カ月、
やっと本日、めでたく、3人そろって春ラララランチが実現しました。

時期が時期だけに、お題は「オトナ雛祭り」

Fのお宅に集結し、まずは お雛さまの前で、甘酒で乾杯。
ひなあられもいただく。

あまりにも正しいお雛祭りの姿に、
一同、満足。

この3人が最も共通してると痛感したのは

あんこ好き&お抹茶好き

Sは、携帯用お抹茶セット箱(茶碗、茶杓、茶筅等)を
アウトドアに 私の記憶だけでも、3回は出動させている。
その度に、お手前を。
もちろん、和菓子付き。

今日は、F宅ということもあり、Sは秘蔵、『京都・一保堂』のお抹茶のみを持参。
Fと私、どよめく。。

「一保堂だよ、一保堂!!」

うかれまくるF&私。

まずは、食事から。

Fが、用意してくれるというので、お言葉に甘えていると、
出てきたのが、これ!!
f0196887_2050623.jpg

これはまさしく、松花堂♪

まず、この松花堂の、お弁当箱が 一般家庭にあること自体に驚く。

そして、これを使っておもてなしをしてくれた、Fに改めて驚く。

煮物もキレイに仕上げてある。
Fよ。
キミは何者だ?

そして、本来は、天ぷらが盛られているであろうお皿には
白ねぎを薄切り牛肉で巻き、フライパンで焼いて、ポン酢で味付けしたものが盛られていた。

これが、クセモノだった!!

味は非常に美味しく、「これは是非我が家でも取り入れようねー♪」
とキャッキャうかれていると、
Sが口にして噛んだとたん、
白ねぎの中心部分が、テーブルの上に勢いよく飛んできた。

それは、まるで、吹き矢のように!!

Fの娘っ子ちゃん①も、お弁当のおかずのこれを、
学校で吹き矢のように 飛ばした経験があるらしい。。

Fの娘っ子ちゃん②に至っては、逆にINに飛び出してきたらしく、
味わう間もなく、のどの奥に飛んでいって、そのまま食道を通過してしまったそうだ。

実は、私も、Sが吹き矢をする前に、INに飛び出したのでびっくりした。
幸い、食道までいかなかったので 味わうことができたけど。
これを食べる時は、吹き矢、もしくはINに飛び出す危険性があるのだそうだ。

先に言ってよ。

でも、美味しかったので 許す。

そして、私が持参した、例のサンドイッチを食べる。
f0196887_2193621.jpg

奥には、お雛さまが。
サンドイッチは見た目も斬新だし、かなり盛り上げ効果がありました。

で、生菓子と、お抹茶♪

お抹茶を おかわりして一保堂を堪能。

かくして オトナお雛祭りは無事終了。
我が家には、お雛様が無いので
F家のお雛様の前で座り込み、飽きずに眺めていました。

ええお顔、してはりました。
[PR]
by shiga-koubo | 2010-02-26 21:14 | 日常

~赤かぶの巻~ 「そうやったのか!!」編

もっと美味しいはずだった。
チョコチップが少なかったので チョコ味がしない、チョコ味のパン。

子らの評価は、シビアだ。

「チョコの色、してるねんけど・・。」

「チョコのいい匂い、してるねんけど・・。」


けど、、、なに?

「チョコの味がしない。」

いちばん肝心なところやないの~~!!

それだけじゃーない。
ポテトと赤かぶのサラダをはさんだだけじゃー、味が寂しすぎる。

時々、イチゴと菜の花を食べても、なんだかしっくりこない。

調べてみた。

パン界の偉大な西川ちゃんの講習なら、新聞に載るくらいなら、ネットで探せばみつかりそうだ。

見つかった。

そうか、そうか。
そういうわけだったのか。
ナットクナットク。

リベンジしたのが、これだっ!!
じゃじゃん!!
f0196887_17221761.jpg

あらまあ!
おいしそう!
昨日と同じ材料だとはおもえないほど おめかし♪

まるで、使用前、使用後。
まるで、あるときと、ないとき。

食べてみた。

あなたは、ホントに昨日の具材ですか?

大口あけて、食べると、みんなの味がいっしょになる!

ビバ!サンドイッチ!
[PR]
by shiga-koubo | 2010-02-25 17:29 | パン

速攻!西川ちゃん! ~赤かぶの巻~

chi-koさんに「西川ちゃんの魅惑のサンドイッチ」情報をいただき
西川ちゃんの豊かすぎる発想に脱帽。
ポテトサラダに赤かぶ入れるか?
それをチョコレート味のパンではさむか?
チョコレート味のパンと マヨネーズって、あうか?

これは 是非とも作ってみたい。

ので、情報・証言を元に 速攻で作ってみた。

まず、チョコレート味のパン。
ベーグルショコラ?だったか?本のレシピを参考に チョコレート味のパンを焼く。
いつもの山食に、ココアで作ったチョコペーストを混ぜ込む。
そして、チョコチップも。
焼成中は、チョコのいいカホリが。
f0196887_2353832.jpg


ポテトと赤かぶを サラダのために、茹でてみた。
f0196887_23564876.jpg

赤かぶの色がキレイ♪
マヨネーズ、塩、コショーでサラダにする。

菜の花を茹でたが、油断してたら ゆで過ぎた。
ホントにさっと茹でるだけでよいのね。
なんか、クタクタになってしまいました。

ついに、こんなんできました。
f0196887_00067.jpg

なんじゃこりゃ。

私の想像で、出来上がったのは、こんなん。

本当にこんなんを持って 笑てはったんやろか。。

クタクタ菜の花、安いのを選んだので小粒すぎるいちご。

食べてみた。

・・・うーーーん。。。

これは、私の腕不足。
イケてないことはないけれど。

チョコチップをもっと入れた方がよかった。
チョコレート味が足りない。

でもでも。
見た目、今までにない姿だし、
色もグー。
ポテトと赤かぶの食感が違うので、新鮮感覚のサラダ。

自分では、とてもじゃないけどこんな発想はできない。
まねっこできるところはマネて レパートリー増やそ♪
chi-koさん、ありがとう。
また西川ちゃん情報をヨロシク。
[PR]
by shiga-koubo | 2010-02-25 00:12 | パン

キムチ その後

キムチが食べごろに。

レシピ通りにタレを作ったら、とんでもない量になった。
小カブ3束(9個)を漬けるには 素人目にしても多すぎる。
なので、三分の一を使い、残りのタレは保存。

ちょうど白菜があったので、適当に塩漬けしてタレに漬けてみタレ。
なので、小カブ&白菜のキムチができました。
f0196887_7522360.jpg

ちょっと塩味がきついような?
だんだん塩はぬけていくと先生は仰っていましたが、どーなんだろか。

思い返せば講習会質問コーナーで
それはそれは先生お気の毒な質問が続出だった。

「韓国唐辛子は、何処に売っていますか?」

みんな、先生の話はよく聞こうね。
さっき、くわしく近場でキムチ材料を売っているお店、教えてくれはったとこやん。。

「魚醤は、何処に売っていますか?」

・・・あの質問の直後に聞きますか?

梨は季節が限定されるので、りんごで代用してねって先生が仰ったあと。

「バナナもかわりになりますか?」

って、聞くか?!!
りんごは一年中売っているでしょうが!!
「バナナはおやつにはいりますか?」よりキツイ。


しまいには、

「にんにくは、入れないとだめですか?」

先生、少々キレ気味に
「・・・にんにくを入れないと、キムチとはいえません・・!!」

心中お察しいたします、先生。。



ドライイーストが、なかなか良い仕事をしてくれます。
インスタントドライイーストではないので 予備発酵が必要ですが
少量の砂糖投入で ムクムク発酵します。

多分、白神こだま酵母からドライイーストへ移行していくかも。

最近、こればっかりの・・
f0196887_83703.jpg

ピザパン。
もっと野菜をてんこ盛りにするべく、進化中。
ああ、パンデュースの野菜のフォカッチャ。。食べたい。。
[PR]
by shiga-koubo | 2010-02-23 08:43 | 自家製モノ

涙腺ゆるむ。。

「みんなのうた」を軽く聞き流そうなんて思ってたら、えらい目に会います。
最近では、ファンキーモンキーベイビーズの「ふるさと」に泣かされました。
この曲が、ラジオから流れてきたってなら、たぶん、泣きにまでは至らないと思いますが
あのドラマ仕立てがいけません。。

さかのぼると、アンジェラ アキの「手紙」
この「手紙」も、過去の「みんなのうた」で目頭アチチ、鼻もとツーン、
これは、どんな状態で聞こうと即アウトです。

先月でしたか、阪神大震災の復興をテーマに、関西電力が「手紙」で企業CMを。
CMと言うには、気がひけてしまいますが、とにかく、関西電力がやってくれました。
神戸の復興と、15歳の少年少女の映像を交えながら。
あの震災の年に生まれたであろう子どもたち。
これは、予告なしに何度もテレビに突然現れてくるので、
心の準備ができません。
「うわ。。またきた。。。」
その度に、アチチのツーンです。
http://www.youtube.com/watch?v=CboVP_2h3b4

そして先日。
長男くんの学校で合唱祭がありました。
高学年のクラスが、「手紙」を歌いました。
リアル15歳が歌うだけでも おばちゃん号泣コースですのに
これがまた、うまい!
上手すぎる!
思春期の男子って、斜めに構えて、合唱は成り立つのか?と正直、あまり期待せずに行きましたが
ごめん!!!
おばちゃん、誤解してたわ。。
アルトとソプラノの調和が見事で、だーーれも手ぇぬいてへん。

歌詞と歌ってる子らと、なぜかわが子が 一緒にごちゃごちゃになって、
アチチチチのツーーーーンツーーーーンでした。。

これから、難しい年頃になって、誰にも言えへん悩みとか、いっぱい抱えると思うけど
素直になられへん我が子に、優しく接していけるやろか?
わかってやれるやろか?
ちゃんと理解してやるんやで!!って、
自分への戒めも込めておきました。。

舞台で歌ってる子らも。。みんな、一緒にがんばろうな。。


思い返せば、「おかあさんといっしょ」を観ていた頃、
涙腺コントロールできない歌がありました。

それは、杉田あきひろおにいさんが歌う

「パフ」

いろんなおにいさんが歌っていますが、杉田あきひろおにいさんが歌うこの歌に
KOされぱなしでした。。
ホントに、あきひろおにいさんは歌が抜群にうまくて、パフには泣かされました。。
さすがに「ジャングルポッケ」では、泣かんかったけど。

そんな進化途中の 母です。。

長男くんの、制服ズボンの裾がツンツンになってきて、
丈を延ばすよう依頼されているのですが、
身長が伸びたってことやん!!
「大きくなったなあ」って、もうちょっと、感慨に浸らせてよ。。
f0196887_1338761.jpg

靴下は白って決められているから、白い靴下がチラチラ見えて 
余計にツンツンを強調してる♪
いいやんいいやん♪
母は、これを眺めるのが楽しいんだから。

「めっちゃダサいねんけど。」

本人、かなり嫌がっています。
[PR]
by shiga-koubo | 2010-02-20 13:42 | 日常

寄り道 DE あんこ

いつもそうなのですが、突然髪の毛のカットに行きたくなります。
今回も急に予約を入れ、夕方行くことに。
前回は、もうちょっとで天海祐希になるところで危なかったのですが
今回は、渡辺満里奈になってしまったらどうしようという不安がよぎります。。。
(勝手によぎっとき!)


以前、ツボ美容院の近くで、巨大ナンのネパール料理を食べた帰り、
喋り足りないので、友達宅へ行くことにし、お菓子を調達した。
そのお菓子が非常に美味しかったので、美容院へ行く前にちょっと寄り道を。

Shiga   「あのー、名前がわからないんですが、パイにあんことお餅がつつまれた
       非常に美味しかった あの時のお菓子が欲しいんです、ワタシ。」
オネエサンA「(にこやかに)お客さま、それは『もちもちパイ』と申しまして、パイ生地に
       あんことお餅を包みこんだお菓子でございます。」

そうそう!!それそれ!!
にしても、私と全く同じ説明を繰り返しちゃってー♪
おちゃめさん♪

それをくーだーさい♪♪♪

オネエサンA「・・・ですが、本日の分は、売り切れでございます。申しわけございません。」

えええ~~~!!謝らないで!!認めたくないわ!!
カット終わってから来たんじゃ、売り切れもアリだと思い、
美容院へ行く前に わざわざ わざわざ わざわざ 寄ったんです、私!
目で訴えても、無いものは、無い。

すると、箱を持ってあわてふためいたオネエサンBが、オネエサンAに
・・これ!・・これ!
と、やってきて、箱をアピール。
あわてふためき様と、あわてた表情は、いくら小声であろうと 十分、目立ちます。。。

オネエサンA「お客さま、ございました。こちらのお箱、4個入りでございます。」

おお!天使のオネエサンBよ、ありがとーーー♪

でも、4個もいらないの。
2個だけホシイと告げると、気持ちよく、箱からばらしてくれました♪

f0196887_17181860.jpg

もちもちパイ。

もう、パイがサクサクで、お餅がトロリで、あんこは言わずもがな。。
新しいあんこの可能性ですね。

別の和菓子屋さんに、「もちパイ」というのがあり、
一度試しましたが、コンセプトは、パイ・お餅・あんこと、同じですが
私は断然、今回の「もちもちパイ」派です。
また、お店のオネエサンの丁寧過ぎる対応がヨロシ。。

もちもちパイのお店は、和菓子屋さんですが、一角に洋菓子もおいておられます。
最近、そんなお店、多いですね。
モンブランが美味しそうだったなー。
次はモンブラン狙いで行ってみよう。


今日、次男くんが帰宅後、

次男くん「今日、体育で『オウサカドッジ』したで。」
母   「『大阪ドッジ』?なにそれ。。当てられたらボケるとか、当てたらツッコムとか?」
次男くん「ナニ言うてんの!『オオサカ』違う!『オウサマ=王様ドッジ』やで!」

ああ、そうかそうか!王様を決めて、王様が当てられたら 負けってやつね。
それもいいけど、大阪ドッジも面白そうやん♪
 
[PR]
by shiga-koubo | 2010-02-19 17:43 | あんこ

しょうゆうこと。

適当なタイトルが思いつかず、これでいきます。

ほぼ3年、蓋が外れなくなってしまい封印され続けた醤油さし。。

ある日、醤油を補充しようと思って、蓋をあけようとしたのですが
ビクともしない。
回転ミゾ式?ではなくて、ガラスの蓋を差し込むだけのもの。
どうがんばっても、離れません。

あらゆる方法を試しました。

1、水につける
2、お湯につける
3、洗剤水につける

つけてばっかり。

オットは、知り合いの力持ちに頼めばイッパツや、と言いますので
ならば頼んでよと言えば、
それは恥ずかしいんだって。

シャイか!!

その醤油さしは、小樽の北一硝子で買ったもの。
20年近く使っていました。
注ぎ口のキレも良く、お気に入りの醤油さし。

それがこんな状態で、3年間、どうすることもできず、
お気に入りだけに、捨てることもできず、
お蔵入りしておりました。

今日、全く同じ境遇の醤油さしの存在を知りました。
ウチのは 3年物だけど、最近蓋が外れなくなったというchi-koさんの醤油さし。
ブログを読みながら、おんなじおんなじ♪と、ヘンな親近感。
でも、ウチの方が年季がはいってるで!という、ヘンな優越感。
外せる方法があれば私も知りたいと思っていたところ、

宅配便が。

玄関へ出て、ついでに、お蔵入りの醤油さしを出してみる。

やはり、ビクともしない。

ふと、油をさしたらどうか?  と、ひらめいた。

お弁当の醤油入れに サラダ油を入れ、蓋と本体の頑固な接点に油をさしてみた。
ちなみに、お弁当の醤油入れは、これ。
f0196887_20481665.jpg

Aプライスで買った、正確にはソース入れ。
100個入りで300円しなかった。
こんなにたくさんいらんけど、100均で買っても、100円で10個も入ってないし
こっちの方が断然お得。
一生かけて使う気になりゃね。

が!!
外しにかかったら
油で手が滑って 力がはいらない。

失敗か?

気を取り直して、醤油さしを逆さにし、蓋部分を 包丁の柄で叩くことにひらめいた。

たたき割らないように、力加減は慎重に。
こんな感じで。
f0196887_20554410.jpg

これを、流し台の淵に手を添えながら、安定させて コンコンやりました。
蓋を一周コンコンやって、ねじってみると。。。

外れた!

おお!!
素晴らしい!!
3年振りの空気の入れ替え!!

            「しょうゆうこと。」
f0196887_20584255.jpg

本体、蓋、お弁当用醤油入れ。
整列して記念撮影。

薄汚れていた醤油さし、ピカピカに磨いてやった。

「アンタも自分を磨けば?」

って言われている気がする。。。

ふーーー。。
これで晴れてまた醤油さしとして活躍してくれるでしょう。

chi-koさんのおかげやわー。
そして、グッドタイミングの宅配便のおかげでもある。
あの時、宅配便が来なければ、わざわざお蔵入りの醤油さしを出してこなかった。

余談ですが、宅配便の中身は、キムチ用の韓国唐辛子等、材料屋さんの荷物。
近所では韓国産の唐辛子を見つけられず、材料屋さんに注文するのが一番手っ取り早かった。
やっと漬けた かぶのキムチ♪
f0196887_22293988.jpg


もうひとつ、「おかげさん」があります。
お弁当用醤油入れをなおしてあったところから、
「おこげしるこ」なるものが、出てきた。

おお、そういえば、いつかカルディで見つけて、美味しそうだから買っておいたのだった。
さっそく、蓋が外れたお祝いにいただこう。
f0196887_2234375.jpg

あっさりしるこ、あったかくって、く~~~、しみわたるわ~♪
[PR]
by shiga-koubo | 2010-02-16 22:49 | 日常

家チョコ

バレンタインには興味はありませんが
息子くんたちのバレンタイン事情が 超気になるおばちゃんです。

小学生の次男くんはおいといて、
中学生になった長男くん、めっちゃ気になる♪

この頃のバレンタインって、友チョコが主流なんですってね。
おばちゃんの青春時代には無かった言葉。

そんな友チョコを、いくつかもらって帰ってきた長男くん。
よかったねー。
なんだか 母、ホッと安心。

小学校では持ってこないように言われているし、
硬派気取りの次男くんには 友チョコともきっと無縁。
お母さんにもらったってのも、何だかねー。
自力でもらってきなさい!って感じよねー。

ここはひとつ 家チョコで盛り上がろう!イエイ!

早く消費しなければならないクーべルチュールスイートがあるので生チョコを作りました。
ココアパウダーをまぶして。。
f0196887_7405694.jpg

形が不ぞろいでこんなんですけど、口どけサイコーで美味しくって
いっぱいあったのにあれよあれよと減っていきました。

次男くん、口の下にチョコがついたまま気付いていないので
鏡を見て洗ってくるように言ったらば。。。

洗面所からなかなか出てこない。。

しばらくすると
口の周りにチョコを指でのばして、
カールおじさんに仕上げて出てきました。

うん、お見事に仕上がってる♪
カールおじさんそのものだよ。

結構、チョコってハードなんですよね。
普段あまり食べないけれど
調子に乗って食べてたら
胃がもたれた感じ。。。

チョコを小鍋で生クリームと混ぜた、あの濃厚なトロトロ。
あれが胃に入るんですものね。

食べ過ぎ注意。

そして、もひとつ。

チョココロネ

コロネ型を買って、まだ使ってなかったし、
そろそろコロネを食べたい頃ね。(←言っちゃったよ) 
f0196887_7573322.jpg

春よ恋100、ニッテンドライイーストで。

発酵しすぎ?
のっぺりしたコロネに。

ドライイーストを試しに使ってみました。
インスタントドライイーストではないので、乳化剤などの添加物が入っていません。
砂糖少量を入れて 予備発酵します。
原材料は、「サッカロマイセスセルビジエ」とかいう長い名前の酵母で、
サフのドライイーストも同じ原材料で添加物ナシの分がありますが
サフはこれを「天然酵母」と表記しています。

ニッテンは、「天然酵母」とは記していませんが、モノは同じだとおもうんですよねー。

自然界にあるイーストは、「天然」のイースト、すなわち天然酵母と呼べるんですかね。

まあ。難しい言葉の綾はおいといて、
とにかく、添加物が無いというが私の基準なので
納得して使っています。

だから、ドライイーストを購入する時、ニッテンかサフか、どちらを選ぼうか悩んで
サフの方が格段に安価だったし、
缶のイラストも可愛かったし、
フランスってのがコジャレテルし、
サフにしようかと思ったのですが

ニッテンは国産
ビートのモラセスで培養?

最終的には国産に頼り、はっきり表示のニッテンにしました。
ちょっと高かったけど、白神こだま酵母よりは ずっと安かった。

話がそれましたが。。。
今回は、コーンスターチを使ったので チョコクリームも良い感じにできました。

同じチョコのスイーツでも、
コロネのチョコクリームはチョコ度(?)が低い分、胃へのダメージは少なそう。

そんなこんなの、家チョコでした。イエイ!(まだ言うか!)
[PR]
by shiga-koubo | 2010-02-14 08:24 | パン

醤油スパイラル

今年も無事、味噌仕込み終了しました。
3回仕込んで 麹だけでも6.7キロ分。
そのうち1回は、友達と仕込みました。
その友達もすっかり自家製味噌にハマり、
去年仕込んだのが無くなりそうなので
今年は倍の量を仕込んでいました。

自家製味噌の味を知ると、市販のお味噌は買いたくないと言っていましたが
無くなったら仕方ないよねー。
あと、最低半年は待たなきゃ。

夏には カビとの戦いがあります。
表面だけなので、取り除けばよいのですが
人によっては触れな~い。。ってことも。

しかし、私もそうですが、友達も全然平気。
むしろ、カビが出現する方が安心。
添加物ナシの証し、ですものね。

味噌仲間、増殖中。
どこで麹を買ったとか、
あそこへお米を持っていけば、麹にしてくれるとか、
「味噌、作らない?」
と、勧誘活動とか。

すっかりおばちゃんですが、楽しい♪
秋になると、味噌ヌーボーの話題でまた盛り上がるんですよねー。
あ~、楽しみだわー。

そんな味噌仕込みが済めば、去年あたりから頭をよぎる。。

自家製醤油の野望

いろいろ調べはついてるんです。
味噌みたいにたやすくはないこと、知っています。
失敗はつきものだってことも、
とっても手間がかかることも。

でもでも!!
やってみたいんですよー。。

味噌は、米麹を買えばよいのですが
醤油は、醤油麹菌から、大豆と小麦に繁殖させねばならない。。

繁殖させたものを、キットとして売っているところもあるのですが
それは、食塩水と混ぜるだけ、
自由研究のノリっぽい。

どうせやるんなら、もうちょっと踏み込んだことをしてみたい。

しかし、菌から育てるって、もはや職人の域です。
こんな素人のおばちゃんが興味本位で手を出すものではない。

でもでも!!やれば、もしかして、できるかも??!!

いやー、かなり手間のかかる作業だし、
失敗のリスク、手間を考えると
上等の醤油を買う方が 賢くないか?

そんな思いが、ぐるぐるぐるぐる
スパイラルしています。

ただ、やっかいなのは、仕込むなら



だと思うんですよねー。
素人考えですが、寒い時の方が良いと思うんですよ。

今を逃すと、次の冬まで 後悔しそうだしなー。
[PR]
by shiga-koubo | 2010-02-12 08:59 | 自家製モノ


 気の向くときに気の向くものを  ゆるりゆるりと作ってます


by shiga-koubo

プロフィールを見る

最新のトラックバック

クリスマスに「白い」ドレ..
from 日常に「彩り」を。

ライフログ

検索

タグ

ブログジャンル