カテゴリ:お料理( 15 )

ナイス料理人

この頃の料理人さんは 個性派ぞろい。

そんな中で 私的にピカイチの料理人さん。

その名も、斉藤辰夫先生058.gif

ご存知の方も多いと思いますが、日本料理の先生です。

たっしゃな喋り、
テキパキすぎる動き、
決してウケようと思ってないけど ついついウケてしまう一挙手一投足。
(最近は「ひょとしてウケ狙ってる?」と 私的に疑惑あり)

昨日のあさイチなんて、斉藤先生ワールド全開、
イノッチと ゲストの内藤剛志氏のツッコミは、
斉藤先生の魅力を存分に引き出す、見事なものでありました。

昨日のお題は『ブリ大根』

斉藤先生曰く、

「『ブリ大根』、今、食べんと いつ食べますのん!」

おっしゃる通りでございます!!

今が一番脂がのって 美味しい寒ブリ、そして冬野菜キングの大根!

基本の基本から、丁寧に教えて下さいます。

・・・本当は 『斉藤先生』なんて他人行儀な呼び方よりも
『辰夫ちゃん』のほうがしっくりきそうですが。

用事をしながら、ふんふんと 何気なく 観ておりましたが

斉藤先生、だんだん熱くなってきたのでしょう。

鍋に昆布を敷き、大根を入れる段階になって、ついに弾けた!

「ここで鍋に 大根を入れまんねん!」

「入れまんねん!!」

スタジオの面々から 総ツッコミ。

ここで、自分、用事をしながら観ている場合じゃないと
テレビの前に正座する。

完成した時は 拍手をおくりたいほど、面白かった。

最高のショーを観たような 充実感、幸福感。

・・・面白かってんけど、結局、何の料理しはったん?

なんてことは一切なく、わたしの頭には 完璧に ブリ大根の作り方が叩きこまれた。

生臭みををとる手間を惜しまない
煮崩れを防ぐ
出汁を濁さない

等々、基本を丁寧に解説して下さった。

特に、調味料は 酒、砂糖だけで先に煮て
醤油は後から入れるくだりでは

「これは、科学です。」

と、眼光が走った。

かっこいいぞ、斉藤先生!


来週も、斉藤先生が御出演だそうです。

つぶらな瞳の 高速まばたきがチャーミングな斉藤先生。

来週も弾けてや!

楽しみ060.gif
[PR]
by shiga-koubo | 2011-01-12 11:11 | お料理

さんまとコンフィチュール

コンフィチュールって、なんだ?

フランス語で ジャムを表すそうです。

私のイメージでは
コンフィチュールってジャムよりもフルーツ感?フレッシュ感?が残っているような。

小難しいことはおいといて、
先日、パン教室で さんまとコンフィチュールのお料理をいただいて
美味しかったので 家でも真似て作ってみました。

価格が落ち着いてきたさんま。
3枚におろして、サッと酢にくぐらせます。
f0196887_8234315.jpg

水分をペーパーで取り、塩少々、黒コショウ少々、
多めのオリーブオイルに にんにくスライスを入れ
さんまを皮面から焼きます。

弱火~中火、気長ーーーーに、焼きます。

どれくらい気長かと言うと
「え?まだ焼いてんの?!」
と、びっくりするくらい、気長です。

オイルが減ってきたら、足しつつ、頑張ります。
f0196887_827687.jpg

で、身の方も、ひっくり返して焼きます。

皮面を上に お皿に並べ、さらに黒コショウ。

そして先生は、自家製の『梨と洋なしのコンフィチュール』を さんまにオン!!

生なりいろのコンフィチュールはさんまとの色合いもグッドで美しい。

ウチにはそんな気のきいた物がないので
いつか長野で買ってきた『いちじくのコンポート』を乗せてみた。
f0196887_8305545.jpg

・・・さんまと同系色で、見た目 あまり美しくない。

しかし、カリカリにんにく、さんまの皮もカリカリ、
ほんのり甘いコンポートとさんま、合います!!

「まいりました。」と言ってしまうほど、美味しくて まいる。

骨を気にせずパクパクいけるのもあってか、子どもらにも好評でした。

先生んとこでは、こんな自分では思いつかないようなお料理を披露して下さるので
いつも刺激&目からウロコです。

他にも、カマンベールチーズと柿をワンタン皮に包んで揚げたり

柿と牛乳、生クリームをガーーーッとやったものを 小さいグラスに入れ
ダイスカットした柿をトッピングした スープ仕立てや。

試したいお料理が頭の中に溢れて
実際作るのが おっつかないそうです。

その度に「私も家で作ろう!」と誓うのですが
日が経てば、忘れちまいます。(照)

いつも思うんです。
先生レシピのノートを作ろうと。

それさえも忘れてしまって、すくいようがない。

今回のさんまも、1回作ったら大丈夫って思うんですが
きっと来年は忘れてると思う。

やっぱりノート、作ろう。
[PR]
by shiga-koubo | 2010-11-20 08:45 | お料理

カレーのん。

先日の、久々パン教室で、またお料理ネタを仕入れてきました。

パン教室へは、はっきり言って パンよりも、
先生が作って食べさせてくださる お料理が楽しみで行ってるようなもんなんです♪

そりゃあもう、毎回毎回、考えもつかないようなお料理を出してくださいます。

決して豪華とかじゃなくて(先生ゴメン)身近な食材で、私なんて決して作らないような。
マメなんですね、先生。

以前、「先生って、献立考えるのに困ることあります?」
と聞いたら、

「ない。」

きっぱり 仰いました。
あえて言うなら、泉のようにわき出てくる献立の、
どれにしようか迷って困ることはあるそうですが・・。

だから私は、長男くんの友達が大量にやってくるとき、
ナニをつくればいいか、電話で泣きついたりします。

前回、いただいたのは、名付けて

「カレーのん。」

私が勝手に命名して、この名前で

「せんせー、前回いただいた、カレーのん、作りましたよー。」

で、通じるはず。
例えは、お味噌を使ったお料理だったら「お味噌のん。」で、通じるはずです。

で、今日の夕飯に作った、「カレーのん。」
f0196887_22543372.jpg

ごはんは、にんじんのすりおろし・五穀(パン用しかなかったので、それを使った)・オリーブオイル少々を入れて炊く。
牛肉ミンチ&薄切りを炒め、野菜は、玉ねぎ・セロリ・ズッキーニ・きゅうり・トマト。
ワインとコンソメを入れて炒め、塩コショー・カレー粉投入。
先生はブルーベリージャムを入れ、盛り付けにもジャムを乗せてはりました。
これがまた、あうんですけど、家にブルーベリージャムがなかったので、
マンゴーチャツネを代理で投入。

これがまた・・・うまい・・・。

ちょっとエスニック風だったりする。

オット大絶賛。
長男くんも、何度もおかわり。
次男くん・・・ビミョー・・。ズッキーニとセロリが 上手に残されていた。。

パパッと簡単で、見た目、凝ったように見える。
ルウが無いので、ドライカレーの部類にはいるのか?

いや、分類なんていらない。
これは、あくまでも、

「カレーのん。」

なのだ。


あ~~~~~、とうとう、終わっちゃいましたよ~~。
私のお楽しみだった

タンブリング

これからナニを楽しみに過ごせばいいの~~!!
[PR]
by shiga-koubo | 2010-06-26 22:55 | お料理

二度漬け禁止

おうち串カツ。
正確には、楊枝カツ。
楊枝をつけたら、衣がつけ易いんですね。
手が汚れなくて。
f0196887_841432.jpg

串カツソース、このサイズを置いているとは、さすがAプライス。
野菜が美味しいですねー♪
茄子・新玉・アスパラ・モロッコインゲン・かぼちゃ・さつまいも・オクラ・・・

私は野菜のみでいいんですけど。
オコチャマはそういう訳にはいかず、
あと、鶏肉。

キャベツをちぎり、ビールが旨い♪
今までは、ビールは飲みたくなかったけれど
だんだん暑くなってきたら、やっぱりビールですよねー♪
大量揚げたのに、あれよあれよとなくなってゆく。。

おうちでは、思う存分食べられるから、皆、遠慮が無く、ほんとにキリがないです。。


あー、業務連絡。
「アボガドスープ」、chi-koさんに教えていただいて 作りました。
で、残りを冷蔵庫に入れて、冷製にしました。
f0196887_8513281.jpg

一晩たっても、ドドメ色にならなかったよ。
[PR]
by shiga-koubo | 2010-06-26 08:56 | お料理

2回目にして極めたか?!

材料屋さんで調達した ギャバン「手づくりカレー粉セット」2つ。
1つめは、前回の初カレー、そしてその後 カレースープを3回作りました。
パスタや、大豆などを入れて、スパイスィーなスープは やや好評。
トマト缶を入れて酸味があり、私は好きなんですけどねー。
ほんまにいつも思います。
作り手(私)の好みが先走って。
みんな、私の味覚にあわせて ついてきてやー♪

めでたく1つめを消費したので、2つ目に突入。
炒って一週間寝かせて、作りましたさ!

カレー第2弾!!

前回は、初めてにしてはまあまあ。。
絶賛するほどではなかったけれど。
何をどうすれば、もっとあんな風になったのに・・なんてこともさっぱりわからず、
これは何回も作って行くうちに何となくコツがわかってくるんやな・・と思いました。

で、今回。
前回との明らかな違いといえば

・骨付き鶏肉使用(手羽元&手羽中)
・ヨーグルト導入
・ニンジン1本、すりおろす
・煮込んでおいて、カレー粉を入れたら、煮込みすぎない。(15分煮込んだ)
・マンゴーチャツネ導入
・ガラムマサラ導入

これが!!
f0196887_2346695.jpg

キタかもしれない。。

わずか2回目にして、極めちゃったかもしれない。。

今回は、正直、美味しかった053.gif
子らも、前回は決して口に出さなかった「美味しい」を、連発してた。

本当は、オトナチックに、具はチキンとひよこ豆にまとめたかったけれど
オコチャマ仕様のチキンとジャガイモとニンジンにしました。

このギャバンのカレー粉を消費すれば、スタンバイ中のインディアンカレーへと移行し、
それも消費できたら個別スパイスに踏み切るかもー。

食後の片づけしてても、市販ルウとの違いをひしひしと感じます。
ギトギト感が全くなく、さっと洗えてしまう。
今までは、食器洗いスポンジをダメにする覚悟で洗っていました。
洗い桶、排水溝、までもがギトギトになるので 面倒でした。

でもでもでも!
今はそんな心配ご無用。
あっというまにサラサラです。

自家製らっきょうも大活躍♪

ああ・・・食べ過ぎ注意やけど・・・食べ過ぎてしまう・・。
家で一番大きい鍋、今まで、おでんと 味噌作り用の大豆を煮るのにしか使っていなかった大鍋
カレーで出番がめっちゃ増えるの、必至。
[PR]
by shiga-koubo | 2010-05-28 00:08 | お料理


 気の向くときに気の向くものを  ゆるりゆるりと作ってます


by shiga-koubo

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新のトラックバック

クリスマスに「白い」ドレ..
from 日常に「彩り」を。

ライフログ

検索

タグ

ブログジャンル