カテゴリ:栽培( 21 )

春のイフキ(息吹)

子どもの頃、家にイヤっちゅうほど 勝手に蕗が生えていて
母は嬉々として食卓に登場させていました。

生えているということは、野菜?
私には、迷惑な草にしか見えませんでした。
普通、葉物野菜は、煮るとクタッとなるものなのに
コイツは煮てもシャキッとしたまま。
ほんで、ストローじゃあるまいし、なんで空洞?

信じられへん!

春になると登場してくる このジャンル不明な奇妙なもの、
子どもの私には到底受け入れられませんでした。

ホウレンソウにしても、子どもは 茎より葉派。

こんな、奇妙な茎っぽい(本当は茎だか何だかわからない奇妙な)
のばかりを 好んで食べる大人が信じられませんでした。

しかし、食の好みは変化するんですね。。

今となりゃー、蕗が大きくなるのが今か今かと非常に待ち遠しい。

よく、スーパーなんかで見かける巨大蕗ほど大きくありません。
それが控え目で良いのよねー、うちの子は。

「コイツ」呼ばわりから、「うちの子」に昇格。
贔屓すら入ります。

うまい具合のタイミングで実家へ行くと
必ずもらって帰ります。

それだけではモノ足りなくなり、
蕗の根っこ(地下茎らしい)をもらって、植えてみた。

できるだけ、日当たりが悪そうなところで。


先日、こんなんになっていました。

f0196887_849555.jpg


おおーー!!
定着してくれたのかい!!

フキノトウが出たということは。。。後の成長はどうなるのだ?
これで終わりってことはないよね?!

頑張れ!!蕗!!

楽しみで、フキフキ♪(ウキウキ)
[PR]
by shiga-koubo | 2010-03-02 08:59 | 栽培

不思議ちゃん・その後

おもちゃカボチャの出来は、まあまあこんなもんかしらん。。。な感じです。

ズッキーニの出来の悪さを思うと
まあ、これくらいでヨシとしなければ。

贅沢を言うと、もう少し 大きいのが出来てほしかったです。

あの時のカボチャたち、こんなんになりました。

まず、不思議ちゃん。
f0196887_832134.jpg

鳥に突かれた跡が痛々しい。
美味しそうに見えたのだろうけど
美味しくなかったのでしょう。
収穫済み。

カボチャらしい、と思ったこの子。
f0196887_851282.jpg

そのまま大きくなってくれました。
カボチャらしい?
・・・違うような気がする。。
やけに色白。
まだ収穫せず。

明日にも花が咲きそうだった子も、
予定通り咲きました。
そして。
f0196887_882823.jpg

こんなんできました。
一番、カボチャらしい。
収穫済み。

あと、これ以外に4個、成っています。

この大きさじゃあ、ジャック オ ランタンはかなり無理がありそうですけど
これを作るために植えたようなものなので
なんとか頑張って作りたい♪
[PR]
by shiga-koubo | 2009-09-03 08:19 | 栽培

不思議ちゃん

期待を込めて育て中のかぼちゃ。
このかぼちゃの種から育てました。

薄っぺらい種だったのですが、大きく育っています。

そしてついに、雌花から それらしい実ができました。

・・・でも、なんか、ヘン。
f0196887_8183754.jpg

2種類のかぼちゃ、どっちにも似てないし・・・。
不思議ちゃん?

私には、肥えたズッキーニに見えます。

柄といい、大きさといい、ズッキーニの肥えた版。
右下の横に、萎れた雌花のつぼみ。
こんな感じに、なかなか雌花が咲いてくれません。

おもちゃかぼちゃの種を育てると、ズッキーニができる?
それとも、これから形がかぼちゃのように丸く変化してゆくのでしょうか。
あたたかく成長を見守ってゆきたいと思います。

別の株には、こんな子が。
f0196887_833445.jpg

おお、この子は、見るからにかぼちゃです、
安心。
気が変わらず、大きく育ってね。

またまた別の株には・・・
f0196887_8372123.jpg

明日にも咲きそうな雌花。

去年のズッキーニで出来の悪さを体験しているので
最後まで気が抜けないウリ科カボチャ属
大きくなあれ!
[PR]
by shiga-koubo | 2009-07-23 08:42 | 栽培

草刈り

引いても引いても生えてくる草。
暑い季節になるにつれ、だんだん頑固になってきます。
地面がガチガチで、引いても抜けないので
やっと新兵器を導入しました。

じゃじゃん!
f0196887_11204547.jpg

その名も 「宝長久 草削り」

おお、いい仕事ができそうな名前だ。

ワンポイントの象がおちゃめ。
f0196887_11205989.jpg

地面には 石がゴロゴロしていて 掘り返すのはカヨワイ私の力では無理です。
なので、これで、背の高い草だけガシガシやっつけようと思います。
ちっちゃい草まで完璧に退治はいたしません。
地球温暖化をくい止めるためにも
緑は残さないと。
決して面倒だから・・ではありません。
地球環境を考えて、草を残すのです。

草は元気にのびのびと育つのですが
この子たち・・
f0196887_1127641.jpg

道の駅「花の里いいじま」で 何年か前の夏、見事に咲いてる
マンデビラを見て、絶対うちでも植えたいと思って
今年の5月、飯島のコメリで苗を買いました。

こんなんちゃうかった!!
もっともっと元気で、力強かった。。。
こんなヒョロヒョロじゃなかったのに。。

いや!!夏はこれからよ!!
頑張れ!マンデビラ!


最近、パンを捏ね機から取り出すと
生地が熱い・・。
かなり熱を持っています。

そのせいか、焼き上がった山食も 出来がイマイチで。。

なので、昨日は冷水で捏ねました。
やはり捏ね上がり温度が違うと、出来上がりも違うようで。
f0196887_1137915.jpg

右の、カレンツ山食は、捏ね上がりに熱をもっていた生地。
左の山食が、冷水で捏ねた生地。

粉の分量も、型も焼き時間も同じなのに、この身長差。
夏は冷水で、できれば粉も冷やして、が基本でしょうが、
粉を冷やすのは 冷蔵庫の容量が許さないので
せめて冷水で捏ねるようにします。

ここまで正直に結果がでるとは。

 
[PR]
by shiga-koubo | 2009-07-17 11:51 | 栽培

強風

昨日は ハンパない、すんごい強風でした。
台風並み。
プランターに植えたカボチャ、上に育てるために
支柱を組んでいるのですが
何せ、ドドド素人の私が組んだだけに
強度には かなり問題があります。

組み終わって、強度を確かめるべく 左右に動かすと
楽しそうにゆらゆらスウィング♪

ま、いっか。
私の技量じゃ これ以上、どうすることもできないし、
支柱にふんばって耐えてもらうしかない。

そんな、はかなげなカヨワイ支柱に この、すんごい強風。
夜遅くなっても 風はおさまりません。
支柱は無事なのか。
この強風に壊滅してはいないだろうか。。
心配で心配で、眠れません。。。

朝、一番で・・・、いやいや、二番で見に行った。
一番は、子ども&オットをまずは送り出さなきゃ。

そんな細かいことはどーでもいいんですが、
カボチャの支柱は・・・

f0196887_2213765.jpg

オーマイガッ!!

スウィングしたまま 戻れてないし!!

でもよくぞそのままの姿勢で踏ん張ったよ!
破壊せずに、もちこたえてくれました。
えらいぞ!!

戻してやった。
f0196887_2213513.jpg

そうそう。
まっすぐ立っててね。


そんなわけで、昨晩は遅くまで眠れませんでして
やはり今朝にひびくワケです。

いつものように、6時の目覚まし時計に反応して、ベルをとめる。
そしていつもなら、グダグダと往生際悪く過ごし
6時10分になると 諦めて 起きだします。

が、今日は、6時にベルをとめて
次の瞬間が、すでに6時30分でした。

ワープ?

早送りのように、朝食のおにぎりを用意し
見事な冷凍食品弁当を仕上げ、
送り出したのでありました。

あ~~、この世に冷凍食品があって良かった。。

本気と書いてマジで 目覚まし時計2段構えが必要。
まず、枕元に6時にセット。
そして 起き上がらないと止められない位置に 6時10分にセット。

6時に起きればよさそうなものですが
6時に起きる気持ちは、さらさらありません。
覚醒する時間が最低10分、必要なのです。
困ったもんだ。。。

今日は、次男くんが 自然学校から帰ってきました。
なので ソーセージパンでおかえりなさい。
f0196887_2216458.jpg

[PR]
by shiga-koubo | 2009-07-10 22:20 | 栽培

ズッキーニ

去年の作物です。
飯島のコメリで苗を買いました。

ズッキーニ 

この苗からズッキーニを どかんどかん収穫して
ここはプロヴァンス地方かしらと錯覚するほどの
ラタトゥイユ三昧を夢見て 育てました。

いい具合に 緑が。
中ほど 時計の 7 の方向に、ズッキーニが確認できますでしょうか。。
f0196887_1352865.jpg

そして黄色も収穫。
バナナと区別がつかないほど。
f0196887_1544233.jpg

この調子で大豊作の予定でした。。

しかし、その後がサッパリ。

子房を持った雌花は咲くものの
実は大きくならず、萎れていきます。。
授粉もしたのですが、全くダメダメ。

確かに 雄花の方が多かったのですが
雌花も複数咲きました。
なのに。。。

あの、初めての収穫は 何だったのでしょう。

結局、緑・黄とも 1本ずつの収穫のみでした。

プロヴァンス地方は何処へ。
ラタトゥイユ三昧は幻。。

で、これに気を悪くした私は
今年、ズッキーニは植えていません。

現在、似たようなキュウリは、ナメクジ被害にもあわず、
順調に細々と収穫できています。
茄子も然り。

そして私は今、未知のモノとして とあるカボチャの一種を育てています。
ちょっとした思い入れがあり、このカボチャの一種には
何としてもがんばって 結実して欲しいのです。(熱)

調べてみた。

ズッキーニ   ウリ科カボチャ属
キュウリ     ウリ科キュウリ属
カボチャ     ウリ科カボチャ属

水やりだけで ホイホイ結実してくれるキュウリは キュウリ属。
カボチャは、あの悪夢のズッキーニと同じ カボチャ属。

う~~~ん。。。
ズッキーニの二の舞になるのか、カボチャの一種。。

そこを何とか 頑張ってホシイよ。。
[PR]
by shiga-koubo | 2009-07-09 02:02 | 栽培

枇杷の収穫

枇杷に被せた袋が 破れて落ちています。。
そして 何者かにつつかれた無残な枇杷も。。
ひどい時は 10個くらいの袋が。
1つの袋に 3~7個ほどの枇杷が。
ということは、数十個の枇杷が被害にあったということ?

自然の恵みだから、鳥たちと恩恵を分かち合う気持ちはあるのですが
もういいでしょ。
ちょびちょび獲っていたけど、
全部収穫させていただくよ。

と、カラスが実をくわえて飛び去る現場を目撃!
うーん。。。
やっぱりカラスか。。

収穫したからには、早く何とかせねばなりません。
食べるにも、そろそろ子供たち、飽きたようす。
毎回、お弁当に3個は入れているせいか、
家では欲しがりません。

友人、ご近所に配り
実家に送り、知人に送り。

スーパーで枇杷を探し、
「うわっ!高っ!」
と、優越感にひたる。

一通りの枇杷行事が済み、
明日からサワーやお酒の仕込みにとりかかるとします。

今年も実をたくさんつけてくれてありがとう。
f0196887_2253273.jpg

[PR]
by shiga-koubo | 2009-06-21 22:55 | 栽培

枇杷 その後

早いもんで 5月も終わってしまう。
枇杷の実に袋もかけたし、あとは熟すのを待つばかりか?
枇杷の木の偵察に。
1か月前は、こんなだった枇杷、

おお、袋が裂けている!
f0196887_1565529.jpg

大きい袋に交換しなければ!

そして、なぜかいくつかの袋が落ちている・・・。
良く観察すると、不自然に破れているものも。。。

カラス?!

そういやあ、食べ頃の実を 袋を破って襲われたことも 過去にあります。
まだ早いとわかったのか、袋被害だけで、実は大丈夫でした。
学習して、頃合いを見計らって 再びやってくるかも!!

破れた袋、明らかに窮屈そうな袋を交換しておきました。

少し色付いてきました♪
f0196887_1571642.jpg

枇杷の下ジャングルのアルストロメリアも開花。
f0196887_1573481.jpg

太陽を求めて?地面と平行に茎が伸びている。。

ランタナも咲きました。
f0196887_1581113.jpg

これ、色が変化していくんですよね。
本当に、何故このジャングルに生えているのか謎です。

しかし、袋を掛けた時点で チョッキリ&カメムシに勝ったつもりでいたけど
カラスはこれ以上どうしようもないなあ。。

バトルする元気もないし。
被害が最少であることを 祈るのみ。
[PR]
by shiga-koubo | 2009-05-30 15:08 | 栽培

虫対策

そろそろ 虫たちとの格闘が始まります。
枇杷には チョッキリの姿に加え、カナブンのような、甲虫が・・・。
それに、カメムシらしきヤツも。しかも、デカイ。
チョッキリ程度の小型は何とか大丈夫なのですが、
模様入りの大型甲虫(私にすれば、大型)は、どうしてよいのやら。。
振り払っても、またやって来るに決まってるし、
遠くの山に捨てに行ったとしても、舞い戻って来そうな気がします。
模様入りカメムシについては、なす術もありません。。

とりあえず、大急ぎで 実を守るため 袋をかけました。
f0196887_145943.jpg

花にも何奴かが。。
f0196887_1421181.jpg

クレマチスのつぼみ、2つ目の被害。
と、思いきや!
よくよく見たら、全部で6個のつぼみがやられてるし~~!!
もともと小さく、つぼみの数も少ないのに。貴重なつぼみなのに。
朝、その被害に気づく。
ナメクジだろうか。

きゅうりの苗を1つ 植えてしまいましたが、
これも 考えようによれば、ナメクジを飼うようなものですね、後悔。
去年のトマトも ヨトウムシにいっぱい穴をあけられた。
それを思うと、育てるの、気が重くなってきましたよ。。
トマトを育てるんだか、ヨトウムシを育てるんだか。。。

虫の餌食を避けるため、家の中でこの子たちを育てることにしました。

たまごパック温室で発芽した ルッコラ。
f0196887_14212636.jpg

そして、パセリ&バジル♪
f0196887_14214319.jpg

ルッコラは、天井がつかえて 斜めになってるし。
そろそろ大きめの容器に植え替えて、真っ直ぐに伸びてもらいましょう!
[PR]
by shiga-koubo | 2009-05-13 14:22 | 栽培

飯島の花

3年ほど前のGW、飯島の道の駅で 
小さなポットの苗 白と紫を1つづつ買って 植えましたら、
こんなになりました。
f0196887_2362362.jpg

あまりにも、勝手に育ってくれる良い子だったので
翌年のGWに 追加で買って植えた子たち。
f0196887_23113814.jpg

オステオスペルマム、という名前の花です。
さし芽で増えるようなので もっと増殖させようと思います。

枇杷の下ジャングルに生えているアルストロメリア、
つぼみがついています。
どんな色の花を咲かせるのかわくわくです。
しかし、立派な本場アルストロメリアを見てしまっているので
それと比べると 何ともひ弱な茎であります。
花も本場モノほど大きくなく、鮮やかな色ではないかもしれません。
いや、絶対そうでしょう。
でもでも!ヒジョーに楽しみです♪

草ひきをしていると、別の場所でもアルストロメリア発見!
キミらホントに、どこから来たの・・・。
こちらも、さらにひ弱い。
ジャングルに2本、新発見が4本、つぼみがあります。
踏まないように気をつけなくては・・・。
[PR]
by shiga-koubo | 2009-05-11 23:39 | 栽培


 気の向くときに気の向くものを  ゆるりゆるりと作ってます


by shiga-koubo

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新のトラックバック

クリスマスに「白い」ドレ..
from 日常に「彩り」を。

ライフログ

検索

タグ

ブログジャンル