ツボ美容院

カットに行きたくて、我慢も限界に達しました。
「絶対、今日行くのだ」強い意志をオットに表明し、ネットで美容院探し。へ?そこから?
新規開拓の気分だったので、吟味して・・、のはずが、即、決定。
車で10分くらい。おお、近い。フランス語の名前もイカシテル。早速 予約TEL。
10時半に、ということになり、そわそわと出発・・するはずが、
オットから、ちょっと待った!の手が上りました。
初めて行く場所は、私の運転では信用できないと、のたまう。
10分で着くんですけど?!
でもまあ、送迎してくれるんやったら、送迎されてやってもよいでしょう。
わかりやすい場所なのに、案の定、前をスルーして1キロほど行き過ぎたところで気付き
引き返してもらう。乗せてもらっててよかった。

華美でなく、いい感じのお店です。
椅子に座って待つ空間も、居心地が良い。
ガラス張りの外は、広いウッドデッキになっていて、
お店のものと思われる自転車が2台、可愛く並んでいる。(ツボ①)
f0196887_10335860.jpg

お姉さんが担当して下さいます。
さあ、切りますよ♪の段階で、お姉さんは言いました。
「実はお店に『探偵ナイトスクープ』が撮影に来られて、10月31日オンエアなんですよ」
何ですと?!私がこの世で一番お楽しみにしている番組じゃないですか!!(ツボ②)
この美容院に即決したのは、何か感じる?通ずる?ものがあったのかしらん。

どんな内容かはお姉さん一切語らず。私からも聞かず。お楽しみということで。。
探偵だけは、聞き出した。タムケンらしいです。

ますます居心地よくなってきた。
カットが終わってから、シャンプーです。
お兄さんにチェンジ。

何か喋らなきゃ・・と、思うんですかね、お兄さん。
別に喋らなくていいよ、と言ってやりたいほど、ありきたりな会話。

助け舟を出してやりました。
「外の2台の自転車は、ディスプレイですか?いい感じですね。」

「スタッフが使うんですよ。自転車、お好きですか?」

そこから、話が弾む弾む。さっきのぎこちない会話はどこへやら。。。
お兄さんは、こっちが聞きもしないのに、ロードに乗っていると語りだせば、
私は有無を言わさず、携帯待ち受け画面の愛車を見せる。
お兄さんの愛車は、固定ギアらしく、その意味がわからない私に、講義する。
お兄さんはマシンガントークで、自転車をバラして組み立てる趣味のこととか
休みがとれたら 自転車とお金だけ持って四国をまわりたいこととか 語る。
おお。行ってこい行ってこい!と、けしかける。

この美容院までは車で10分、なら自転車でも来れるね、次は是非自転車で。(ツボ③)

強い意志がなければ、なかなかフモトまで下る気がしない。
近所の坂をウロウロすることが多いけど、フモトまで行かなきゃ平地は走れない。
頑張ってみよか。

隣のシャンプー台に人が来なければ、いつまでシャンプーされてたことやら。
な、くらい、シャンプーに時間を費やした気がする。

フランス語のコ洒落た長い店名が覚えられない。
ツボ満載だから『ツボ美容院』と、昭和チックな名前に命名した。勝手に。
お姉さんも丁寧にカットして下さった。ベテランさんがササッと仕上げるのもいいけど、
一生懸命なお姉さんに好感が持てる。
出来上がりは、自分でもうっとりよ♪お姉さん。

午後は、地域の体育祭を見に行く。
自治会対抗なので、老若男女盛り上がる。
子どもも朝から参加、競技に出たら頂ける景品目当てに頑張ったようだ。
この、万国旗がたまらない。運動会、体育祭は、こうでなくっちゃ。
f0196887_10342364.jpg

[PR]
by shiga-koubo | 2008-10-20 10:28 | 自転車


 気の向くときに気の向くものを  ゆるりゆるりと作ってます


by shiga-koubo

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新のトラックバック

クリスマスに「白い」ドレ..
from 日常に「彩り」を。

ライフログ

検索

タグ

ブログジャンル