ルバーブ 遮光シートはしたものの・・・

しかし、アレですね

ルバーブってのは やはり育てるのが難しいんですね

シベリア原産なので

栽培は寒冷地が適しているとは頭ではわかっていても

なんとかウチで妥協して育ってはくれないものかと

頑張ったつもりですけど

たった1カ月で 半分に減った感じ

昨日まで・・・いや、今朝見た時はあんなに元気だったのに
夕方にはもう ぐったりして
手の施しようがない

どうも、根っこがやられたのでしょうかねえ

ルバーブにとっては 過酷な地に植えられてしまったばっかりに

ほんま、ルバーブちゃん、申しわけない!

元気に育ちつつあったのが
急にアウトになってしまうので
わたしとしても 心の整理がつかないってもんです

そして今、元気に見えるルバーブも
いつ、ぐったりとアウトになるやもしれぬという恐怖におびえ

ふるふる震えているウサギちゃんのようであります (わたしが)

真夏の直射日光はダメダメなので
遮光シートを施して 少しでもダメージを少なくしようとした矢先の
突然のアウトで

あとに残されたルバーブちゃんたちには
なんとかふんばっていただきたい!!




先々月の講習会で大ヒットだった

パン オ レザン

f0196887_16475615.jpg


わたしにしては

とっても手間をかけたパン

まず、レーズン

水で洗って ちょっぴりの、ラム酒・・が 無かったので キルシュワッサーを混ぜる

伸ばした生地に カスタードクリーム(レンジではなく鍋で作ったら 焦げた)を塗り
レーズンどっさり、を広げ

それをクルクル巻いて カットして 照卵して焼く

ほんで、焼き上がったところに シロップを塗る


照卵するのでさえ 手をかけているのに

さらに シロップまで


今までだったら 割愛していた作業ですが

この一手間で 見栄えが随分とかわってくる

そんな細かいところまで 手を抜かずに 丁寧に教えて下さいます

だから、教わったどのパンも

プロの技が見え隠れして

今までにはない ちょっとカッコイイパンに仕上がります


ほんで 何よりも

捏ねの作業が短時間でラクチン!!

今、教わっている先生は

発酵している間に グルテンを作る、という派 です

捏ねて捏ねて捏ねまくってグルテンを作る派ではないので


え? 捏ね、こんだけ? な、拍子抜け感が


それでも 美味しいパンが出来てしまうんですね

やはり先生の手は 神だわ
[PR]
by shiga-koubo | 2012-07-11 17:43 | パン


 気の向くときに気の向くものを  ゆるりゆるりと作ってます


by shiga-koubo

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新のトラックバック

クリスマスに「白い」ドレ..
from 日常に「彩り」を。

ライフログ

検索

タグ

ブログジャンル