ほっこりできる場所

そう言って思い浮かぶお店があります。
私の大好きな生地屋さん。
オーナーである奥さんが、いつもにこにこ迎えて下さり
ほんでもって、お店のほんわかした優しい風合いの コットンに囲まれているだけで
ほんとに幸せな。

飾ってある作品、女の子の洋服も
生地だけ見たら 地味で、とても女の子服のイメージではないけれど
思わず

「かわい~~053.gif

と呟いてしまうほど
ホントに可愛くって
奥さんとはよく

「子どもちゃんが女の子ならねー。こんなの、作りたいでしょー(笑)」

のような会話をいっぱいしました。

でもでも!
男の子だからこその可愛さを発揮できる要素をいっぱい持って生まれた我が子たち(親バカ)
ここの優しいコットンで たくさん、縫いまくりました。

去年の記事にも書きましたが
小学校へあがるころから お店を訪れる頻度はぐんと減り
それでも時々思い出したように
奥さんに会いに 訪れました。

で、最近の、裁縫モードが過熱し
自分用の生地を求めて 行ってみようと思って。

何となく、一時 お店を閉められていたのが気になって
電話をしてから行くことにしようと思い
かけてみました。

「お客様のおかけになった電話番号は・・・」

うそ。。。

何度かけても、呼び出し音が鳴らない。

お店のホームページがあったはず!

それも、もう、閉じられた様子。

本当の本当に、閉められたのかな。。

今も、何年か前に縫ったスカートを着ているのですが
この暑い時期、脚汗かきの私には
本当に肌触りが気持よく
とっても重宝しています。

生地が好きで、いろんなお店を覗きますが

こんな生地を置いているお店、他には無いのです。

ほんで、あんな優しい雰囲気をもった奥さん
お店に行けば会えると思っていたのに

もう、会えないのかな。

次男くんが生まれて、初めてお店へ行った時、
次男くんの顔を見るのもそこそこに

やたら長男くんの相手ばかりしてくださって

「おばちゃん、赤ちゃんより やっぱりおにいちゃんが好きだわ~」

と。

私とすれば、次男くんを見てもらいたくて行ったのに
と 思っていたら

コソッと、奥さんが言いました。

「今は誰もみんなが 赤ちゃん赤ちゃん、でしょ。
 ここは お兄ちゃんに、寂しい思いをさせたらあかんからね(笑)」
 


そう言って、ずっと長男くんの相手をして下さいました。


去年の記事に書いた、あの時に買った生地が、最後なんだな。。
で、奇しくも、一番最初に買った生地も、写真に載せてたなんて。

奥さん、本当に、また会って お話ししたいなあ。。
[PR]
by shiga-koubo | 2010-08-04 07:31 | 縫い物


 気の向くときに気の向くものを  ゆるりゆるりと作ってます


by shiga-koubo

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新のトラックバック

クリスマスに「白い」ドレ..
from 日常に「彩り」を。

ライフログ

検索

タグ

ブログジャンル