杉樽を求めて。。。

今年の味噌は、例年より多く仕込み、
f0196887_1633896.jpg

容器が4個にもなってしまいました。

寄せ集めた容器に仕込んだため、これに取られた容器が使えなく、困る結果に。

なので、全部を一まとめにしようと思い、
いろいろ調べたら、神戸に杉樽をつくっておられるところがあるらしい。

価格も、お話にならない程、高いということは無い。

杉樽で味噌を仕込めたら、どんなに素敵でしょう♪♪

行ってみることにした。

ナビ様を頼りに、いざ神戸へ 単独ドライブ GOGO!!

私にすれば、立派な遠出。(20キロちょっと。)
キンチョーします。。
途中、この時期の風物詩、「道路掘り返し工事」による渋滞にあいながら。

樽屋さんは、灘区の酒蔵の町にあります。

私は、日本酒はほとんどのまないのですが、酒蔵は大好きで。。
このあたりには、酒造メーカーさんの資料館がいくつかあり、
このブログの、ロゴ画像、酒林とも呼ばれる杉玉は、
「今年の新酒ができたよー。」の合図らしいですが、
この杉玉も、お気に入りの酒蔵のものです。。

昔の酒蔵の、匂い、ひんやり感、ホントに癒されます。

そんな酒蔵の町の、樽屋さん。
f0196887_16495230.jpg

きゃ~~!!ステキすぎる!!
樽がディスプレイされてますよ!(多分、ディスプレイのつもりじゃないと思われるけど)

この、引き戸を開けると、
そこは「THE 職人」の世界。
かっこよすぎ~~!!
作業場なのですが、杉板の四角いのや丸いのや、竹の長いのやらがいっぱい!!
ほんっっとに、こういうの、ステキですわ。。ステキすぎますわ。。

親方さんらしき方が 応対して下さいました。
かくかくしかじか説明すると、
ちょうどアク抜きが出来た一斗樽(18リットル)が あるらしい。

杉樽はまず、水をはってアク抜きをして、
同時に水で杉を膨張させて、漏れないようにするらしい。

無知な私は、へーー!!ほーー!!の連続。

漬けもの樽をいただきました。
味噌樽もあるのですが、こちらはかなり予算オーバーなので。。

手入れの方法なども詳しく教えていただきました。

もー、ホントに杉樽で味噌を仕込むなんて
うれしくてしょうがない。

通気性があり、使い込むほど、木に酵母がすみつき、
年々よい状態になるそうで。。

でも、それは、しっかり手入れができての話し。
木は生きているから、ちゃんと手入れをしてあげないと
使い物にならなくしてしまった・・なんてことも、あり得る。

がんばります!
ウチに来て、よかったって、思ってもらわなくっちゃね♪


で、ナビ様を見ると、王子動物園がすぐそこにある。

お天気も良いし、ちょっとパンダちゃんにでも会いに行っちゃう?

真剣に思ったけれど、その日は月曜日。
たぶん、月曜日は、市立のこういった施設は、休園・休館のことが多い。

それに、お腹も減ってきたし、一人でランチも面白くないので
帰ることにした。

行きの工事渋滞で えらい目にあったので、
帰りは、工事区間を避けて 武庫川沿いを走る。

さすが おナビ様。
助かるわ~。
今さら、おナビ様も他人行儀だね。
おナビちゃん♪のほうが しっくりくるわ♪

運転中も、杉のカホリが・・・。
カホリって、気持ちをホントに左右しますね。
癒し効果抜群。
ずっと車に積んでおきたい気分です。

そんな杉樽が、コレ!
f0196887_1715244.jpg

親方さんが、非力でカヨワイ私に代わって、積んで下さいました。

頑張って仕込むぞー!
って、詰め替えるだけなんですけどね。
あー、楽しみ楽しみ♪
f0196887_17162475.jpg

[PR]
by shiga-koubo | 2010-02-27 17:17 | グッズ


 気の向くときに気の向くものを  ゆるりゆるりと作ってます


by shiga-koubo

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新のトラックバック

クリスマスに「白い」ドレ..
from 日常に「彩り」を。

ライフログ

検索

タグ

ブログジャンル