家チョコ

バレンタインには興味はありませんが
息子くんたちのバレンタイン事情が 超気になるおばちゃんです。

小学生の次男くんはおいといて、
中学生になった長男くん、めっちゃ気になる♪

この頃のバレンタインって、友チョコが主流なんですってね。
おばちゃんの青春時代には無かった言葉。

そんな友チョコを、いくつかもらって帰ってきた長男くん。
よかったねー。
なんだか 母、ホッと安心。

小学校では持ってこないように言われているし、
硬派気取りの次男くんには 友チョコともきっと無縁。
お母さんにもらったってのも、何だかねー。
自力でもらってきなさい!って感じよねー。

ここはひとつ 家チョコで盛り上がろう!イエイ!

早く消費しなければならないクーべルチュールスイートがあるので生チョコを作りました。
ココアパウダーをまぶして。。
f0196887_7405694.jpg

形が不ぞろいでこんなんですけど、口どけサイコーで美味しくって
いっぱいあったのにあれよあれよと減っていきました。

次男くん、口の下にチョコがついたまま気付いていないので
鏡を見て洗ってくるように言ったらば。。。

洗面所からなかなか出てこない。。

しばらくすると
口の周りにチョコを指でのばして、
カールおじさんに仕上げて出てきました。

うん、お見事に仕上がってる♪
カールおじさんそのものだよ。

結構、チョコってハードなんですよね。
普段あまり食べないけれど
調子に乗って食べてたら
胃がもたれた感じ。。。

チョコを小鍋で生クリームと混ぜた、あの濃厚なトロトロ。
あれが胃に入るんですものね。

食べ過ぎ注意。

そして、もひとつ。

チョココロネ

コロネ型を買って、まだ使ってなかったし、
そろそろコロネを食べたい頃ね。(←言っちゃったよ) 
f0196887_7573322.jpg

春よ恋100、ニッテンドライイーストで。

発酵しすぎ?
のっぺりしたコロネに。

ドライイーストを試しに使ってみました。
インスタントドライイーストではないので、乳化剤などの添加物が入っていません。
砂糖少量を入れて 予備発酵します。
原材料は、「サッカロマイセスセルビジエ」とかいう長い名前の酵母で、
サフのドライイーストも同じ原材料で添加物ナシの分がありますが
サフはこれを「天然酵母」と表記しています。

ニッテンは、「天然酵母」とは記していませんが、モノは同じだとおもうんですよねー。

自然界にあるイーストは、「天然」のイースト、すなわち天然酵母と呼べるんですかね。

まあ。難しい言葉の綾はおいといて、
とにかく、添加物が無いというが私の基準なので
納得して使っています。

だから、ドライイーストを購入する時、ニッテンかサフか、どちらを選ぼうか悩んで
サフの方が格段に安価だったし、
缶のイラストも可愛かったし、
フランスってのがコジャレテルし、
サフにしようかと思ったのですが

ニッテンは国産
ビートのモラセスで培養?

最終的には国産に頼り、はっきり表示のニッテンにしました。
ちょっと高かったけど、白神こだま酵母よりは ずっと安かった。

話がそれましたが。。。
今回は、コーンスターチを使ったので チョコクリームも良い感じにできました。

同じチョコのスイーツでも、
コロネのチョコクリームはチョコ度(?)が低い分、胃へのダメージは少なそう。

そんなこんなの、家チョコでした。イエイ!(まだ言うか!)
[PR]
by shiga-koubo | 2010-02-14 08:24 | パン


 気の向くときに気の向くものを  ゆるりゆるりと作ってます


by shiga-koubo

プロフィールを見る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新のトラックバック

クリスマスに「白い」ドレ..
from 日常に「彩り」を。

ライフログ

検索

タグ

ブログジャンル