かきまつり♪会場編

かきおこですっかり盛り上がった我々御一行は、邑久町のかきまつり会場へレッツゴー♪
「かきまつり」の旗が目につくようになり、道路にも誘導員のおじちゃん方が。

「牡蠣は全部売り切れたらしいですよ。」

まだ1時前なのに?!
いいよいいよ。今、かきおこ食べたところだから、小さいことは気にしない。
ここで牡蠣を買えなくても、赤穂にいけば殻付き牡蠣1キロ800円で買えるから。

まあ、せっかく来たことだし、会場へ行きましょう。

人のピークは過ぎたようで、臨時駐車場へ誘導されず、会場の駐車場へ入れました。

2か所に、すっごい行列ができています。きゃー、キョーレツ!(ぎょうれつと、かけてみました。)

1つは、シャトルバス乗り場。
皆さん、もうお帰りです。

もう1つは、「殻付き牡蠣、バケツ詰め放題」

なんですと?!詰め放題?!
私の内なる、詰め放題スピリッツがフツフツと闘志を燃やします。

「今から並んでも、無くなってしまって、出来ないかも。」

漁師風のおじちゃんが 言っています。

だって、さっきの誘導員さんだって、「牡蠣は売り切れ」って言ってたのに、あるやん!!
並びますとも!!

途中、何度もトラックが来て、詰め放題の牡蠣を台の上にごっそり積み上げてくれます。
豪快にもほどがある。
皆、バケツにうず高く牡蠣を盛っています。。ああ、楽しそうだ。。

私が一匹狼で並んでいると、オットたちがカキフライを買って来てくれました。
アツアツが5個で200円。
衣がサクサク♪
こんなアツアツカキフライは、家ではつまみ食いでしか食べられません。
・・・はい、つまみ食いで、食べてるんですけど、
堂々と食べるアツアツは 美味しいですねー。

何分か並んで、千円払ってバケツとゴム手袋を受け取ります。
作戦も何も、とにかくバケツに詰めて、山に盛って、崩れる手前まで積み上げよう!!

バケツはすぐにいっぱいになり、山にさしかかったあたりでスゴイツワモノ発見!!
私の前のオジサン、バケツの淵に、
まるで花が咲いたかのように、牡蠣を並べて
床面積を広く築いています。
それは、バケツの直径をはるかに超え、牡蠣を積み上げる土台が、基礎が、完璧に!!

そして、規則正しく、丸くキレイに牡蠣を積み上げています。

オジサンの隣りの人が、くっついた貝殻を離そうとテーブルにガンガン打ちつけていますと

「揺らさんといて!!」

真剣勝負ですから、オジサン、つい熱くなります。
オジサンは、5~6年、このバケツ詰め放題の常連さんらしいです。
年々培ったノウハウをお持ちのようで、このオジサンのバケツだけ輝いています。
f0196887_16322588.jpg

画像が見づらいですが、緑の取っ手の半透明バケツが、達人のです。
バケツの口径から大きくはみ出た 牡蠣の山。

「時間があったら、なんぼでも積める」

と仰ってました。
時間制限はないのですが、キリがないんでしょうね。

私はと言うと、殻に付着した、海独特の奇妙なニュルニュルにも負けず
どうしてもオジサンと比べると見劣りのする山に
それでも、かなりの牡蠣だわと自分に言い聞かせ、詰め放題終了。

こんだけもらって千円は、格安すぎ。
来年も来たいな♪
f0196887_16391655.jpg

曇っていたので 空も海もグレーだけど
かきいかだ(たぶん)がたくさん。
海の恵みだわー♪
[PR]
by shiga-koubo | 2010-02-03 16:10 | 日常


 気の向くときに気の向くものを  ゆるりゆるりと作ってます


by shiga-koubo

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新のトラックバック

クリスマスに「白い」ドレ..
from 日常に「彩り」を。

ライフログ

検索

タグ

ブログジャンル