ラフランス酵母に思ふ。。

ラフランス酵母のミニ山食、激酸っぱくはなかったとはいえ、
やはりプチ酸っぱい。
でもでも!トーストしたら、自家製酵母特有のナンとも香ばしい味が出たのです!
なんてケナゲな酵母なんでしょう。ほろり。。
それでも、プチ酸っぱいにはかわりないのですが、
なんの風味もない、ヤワな食パンに比べたら、そりゃあもう、格段上を行く感じ。

これは何故だろう? 
冷静に考えてみた。

私の出した結論は、こう。

例えば、サバに置き換えてみましょう。

無難な塩焼きや味噌煮、王道ですわな。
そこに突然現れたのが、「へしこ」とします。

なんじゃこりゃ!!って、パンチの効きすぎたへしこに驚きます。
「こんなん、食べられへんでー」って、ひと騒ぎになります。

しかし、へしこ、案外、イケたりします。
塩焼きや味噌煮にはない、サバの別の姿がそこにはあります。
いつもはいらんけど、たまに食べるとグルメの味がして、美味しかったりして。

鮒ずし、くさやも その類でしょう。(これは両方食べたことないけど。)

マニアにはたまらない。はず。

今回のラフランス酵母のミニ山食は
へしこ的存在でした。。


何か月ぶりに、ホシノ丹沢酵母で山食を焼きました。
やっぱり安定してるわー。。
ここらで一休みして、また自家製酵母、がんばろーっと。
[PR]
by shiga-koubo | 2010-01-13 22:12 | パン


 気の向くときに気の向くものを  ゆるりゆるりと作ってます


by shiga-koubo

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新のトラックバック

クリスマスに「白い」ドレ..
from 日常に「彩り」を。

ライフログ

検索

タグ

ブログジャンル