十三ミステリーツアー・つづき

友人が家族に
「十三ミステリーツアーに行ってくる。」
と告げた時、家族は 旅行社が主催する本物のミステリーツアーだと思ったらしい。
そんなツアーが成り立つほど 十三はミステリーなのかと驚いたそうです。

はい。
探れば探るほど、ミステリーが。

例えば、駅前のアーケードを抜けて、スクランブル交差点を渡ったところの商店街。
アーケードでつながってるのに、いつのまにか 商店街の名前が 変化している。
そんなに長くない通りなのに 2つの商店街組合が。

そんなちょっとだけ気になるところもありつつ、退屈しない街。

謎のカフェへ行く時も、表通りを通って行けるのだけれど
あえて路地を選んで行った。
その路地は かつてパン教室の先生が 途中まで行ったものの
そのディープさに恐れをなして 引き返したという。

そんなことを聞いて、すごい期待を持って3人で挑んだ。
だが期待が大きすぎたのか?

「フツーに通れるやん。。」

が、3人の一致した意見。
まあ、1人では 通れない気分になるのかもしれない。

確かに、昼間だというのに 立ち飲み屋さんでは 一杯二杯とひっかけている人が。
十三勤務の友人が、詳しくお店情報を書き込んでくれた地図を片手に
路地を抜けた。
途中、すごいお勧めの トルコ料理屋さんがあったはずだが 見つけられなかった。
金曜の夜は ベリーダンスをみせてくれるらしい。
ああ、ディープだ。

そんな十三のお土産♪
有名なみたらし団子屋さんがある。
しかし、みたらし団子は駅ホームの店でも買えるので 違うモノをチョイス。

ミニあんみつ&ミニ水ようかん。
f0196887_2240956.jpg

そして 同行の2人は 洋菓子店でロールケーキを。
私は、家にバースデーシフォンケーキが半分以上残ってるので
さっきの和菓子のみ。
だが、洋菓子店で 非常に魅力的な商品がありました。

ケーキのきれはし。
f0196887_22404564.jpg

こんなに入って 驚きの安さ。
通常商品を買わないのに これだけ買っちゃったよ・・。

その洋菓子店を探すのにも困った。
私は何度か オットの運転する車で店にきたことがあり 
まわりの景色を見れば 何となくわかると思っていました。


「確か、近くに たこ焼き屋さんがあった!」


自信たっぷりに ナビしようとしたのですが
たこ焼き屋さん、あちこちにあるし。
大阪で、特にディープ大阪では たこ焼き屋さんを目印にしてはいけません。
 
今度来る時は
トルコ料理屋さんでランチをして
(もしくは、ベリーダンスディナー♪)
食後のコーヒーを オニイサンに淹れてもらおう♪
[PR]
by shiga-koubo | 2009-09-20 22:43 | 日常


 気の向くときに気の向くものを  ゆるりゆるりと作ってます


by shiga-koubo

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新のトラックバック

クリスマスに「白い」ドレ..
from 日常に「彩り」を。

ライフログ

検索

タグ

ブログジャンル