プチ渋滞

昨日、せんとくんに年賀状を出せばよかった~とラジオを聴きながら運転していますと
登り坂で 前の車が右折のため停車しました。
信号の無い、片側一車線ずつの道。
と、前方、坂の上から自転車にのったおじいさんがピュ~ンと軽快に坂を下ってきました。
前の車は、おじいさんが通り過ぎるのを待ちました。

ヒュオ~ン

あまりにも勢いよすぎて、おじいさんのニット帽がスピードにあおられて脱げてしまいました。
うまいことに、交差点のどまんなかにニット帽着地。

とまどったのは、おじいさんの後ろを走っていた車です。

私は抜群のビューポイントで、停車して眺めていましたので、細かく観察できました。
ニット帽は道路のど真ん中に落ちたので、車が通過してもタイヤで踏むことはない。
しかし、うまく跨ぐから・・・と、持ち主目の前にして、車で跨げるか?

おじいさんの後続車には、そんな躊躇が見えました。
かなり迷った様子ですが、そのまた後続車を気遣ったのでしょう、徐行して跨いで通過。

『おお~~~、跨ぎましたか。。。』
思いつつ、そのまた後続車を観察。

割と急坂なので、おじいさん、急に止まれません。
約10メートル行き過ぎたあたりに自転車をとめ、小走りで戻ってこられました。
片手を挙げて「すんまへん!」のポーズで。

跨いで通過した車の後続車は、停車したまま、おじいさんの到着を待たれました。
無事ニット帽は救出され、再びおじいさんの頭へ。
対向車線、5台ほどたまっていた車が通過したあと、私の前の車は無事右折できました。
もちろん、私の後ろにも数台たまっておりました。

空からみたら面白かったやろなあ。
小さなニット帽が道の真ん中に落ちてて、車が進めない。
跨いでまで進まない。

唯一跨いで通過した車も、後続車を思っての苦渋の選択だったはず。
誰もイライラせず、(たぶん)、待っていたと思います。

待とうと思えば、待てるやん。
ほっこりした プチ渋滞でした。
[PR]
by shiga-koubo | 2009-01-09 09:27 | 自転車


 気の向くときに気の向くものを  ゆるりゆるりと作ってます


by shiga-koubo

プロフィールを見る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新のトラックバック

クリスマスに「白い」ドレ..
from 日常に「彩り」を。

ライフログ

検索

タグ

ブログジャンル